今日の運勢 10月1日  Today’s fortune October 1st

八白土星の日
内輪もめが起こりやすい。格別慈悲心が大切の日。もうけ話は損失となりやすい。
再生の週  壊の日
何事も控えめに慎重に過ごしたい日。
トラブルに発展しがちなので、冷静に落ち着いて物事に対処することが大切です。
自分の事よりも他人のために尽くしてあげることで、災難は回避できます.

● Yashiro Saturn Day

Inner ring wrinkles are likely to occur. A day when special mercy is important. Making money is easy to lose.

Rebirth Week Breaking Day
A day when you want to spend everything modestly and carefully.
It’s easy to get into trouble, so it’s important to stay calm and deal with things.
You can avoid disasters by doing more for others than for yourself.



解脱に至る四つの階梯   Four steps leading to liberation

 賢明な読者はすでにお気づきであっだろう。これが、チベット密教のいう

「思念による王者の相承」であることを。思念による王者の相承とは、じつに、霊的バイブレーションによる伝達だったのである。

 わたくしは、これによって、解説に至る四つの階梯のうちの、第三の境地に達したことを自覚したのであるが、これは、間脳開発の練行tapasを成就していなかったら、絶対に得られなかったものである。内なる受容の態勢がととのって初めて、外よりの王者相承が発せられるのである。

 

解脱に至る四つの階梯

 

 いま、わたくしは、「解脱に至る四つの階梯」といった。

 だれでも、解脱に至るためには、この四つの段階を経なければならない。そしてこの四つの階梯を、すぐれた聖師にしたがって歩んでいくならば、だれでも解脱に到達できるのである。もちろん、あなたにしてもそのとおりだ。

 

 そこで、この四つの階梯について、のべてみよう。

 

四つの階梯とは、

 

一、Srota aPanna 須陀証

二、sakrd agamin  斯陀含

三、anagmin               阿那含

四、arhat          阿羅漢

 

である。

説明すると、

須陀逼--きよめられた聖者

斯陀含 ーー められた聖者

阿那含ーー(次元を)飛躍した聖者

阿羅漢ーー(次元を)超越し、完成した聖者、「仏陀」ともいう。

 

では、この四つの階梯を、修行者はどのようにして歩んでいくのだろうか。

 

脳辺縁系・新皮質脳を殺す修行

 

 それはひと口にいって、大脳辺縁糸・新皮質脳を殺す修行である。

 大脳辺縁糸と新皮質脳を殺さなければ、間脳は作動せず、第三の目は開かな

いのである。

 ただし、誤解してはいけない。大脳辺繰系・新皮質脳を殺すということは、

究極において、大脳辺繰糸、ことに新皮質脳を生かすということなのである。新

皮質脳は「創造の座」であるといわれる。しかし、ほんとぅの創造の座は間脳に

あるのである。間脳はこれまでくり返し説いてきたように、霊性の場であり、霊 感の座なのである。ここが開発されることにより、ほんとうのインスピレーションが発生するのである。

 

ただし、間脳を開発するためには、しばらくの間、大脳辺縁系と新皮質脳を閉ざさなければならないのである。間脳が開発されたとき、新皮質脳は新しくよみがえる。新しくよみがえった新皮質脳こそ、霊性を基盤とした超人的なインスピレーションと創造力を持つ頭脳となるのである。

 

 ではそれはどんな修行か?

 

霊性完成の方法と体系

 釈尊が残した霊性完成の修行法がそれである。これを、わたくしは、「成仏法」とよんでいる。成仏とは霊性を完成したことをいい、それを成就した人を「仏陀」とよぶ。だからわたくしはその方法を、「成仏法」とよぶのである。

 くわしくは、『輪廻転生瞑想法H』でのべたとおりであるが、それは七つのシステムと三十七種のカリキュラムから成る成仏のための方法と体系である。これを、阿含経では「七科三十七道品」あるいは「三十七菩提分法」とよぶのである。この二つの名称は、わたくしが勝手につけたのではない。古来からの仏教用語である。

 

 わたくしが、阿含経以外のお経―-法華経、阿弥陀経をはじめすべてのお経

をいささか激しい表現で批判するのは、阿含経以外のお経には、どの経典に

も、この成仏法がないからである。釈尊がじっさい説かれたのは阿合経だけで

あるという歴史的な事実のほかに、阿含経以外には、この「成仏法」がないか

ら、わたくしはそういうのである。「成仏法」のない経典など、わたくしは真実

の仏教経典と認めることはできないのである。もちろん、それなりの存在意義

なり存在価値はあろうが、本流ではない。傍流というべきである。このことに

関しては、わたくしの他の著書を読んでいただきたい。

 

七科三十七道品とはつぎのようなものである。

 

四念住法身念住法 受念住法 心念住法 法念住法

以上である。

この七科目、三十七種のカリキュラムは、

 一、瞑想

 二、実践

 三、tapas(練行)

 

四正断法-断断法 修断法 随護断法 律儀断法

四神足法白欲神足法 勤神足法 心神足法 観神足法

五根法-信根法 精進根法 念根法 定根法 慧根法

五力法-信力法 精進力法 念力法 定力法 慧力法

七覚支法択法覚文法 精進覚支法 喜覚支法

      定覚支法 念覚文法 軽安覚文法 捨覚文法

八正道法-正見法 正思惟法 正語法 正業法 正命法 正精進法

      正念法 正定法

 

に分類できる。

 四念住法・五根法は、瞑想である。

 四正断法・五力法・七覚支法・八正道法は、実践と瞑想である。

 四神足法は、特殊な練行tapasである。

 神足とは、神通力(超能力)のことで、この四神足法は、超自然の神通力を得

るための四種の修行法である。前にのべたわたくしの練行tapasはこれに属である。

 この七つの科目のうち、練行tapasを中心に、瞑想と実践の科目をとり入れて

修行するのである。どの科目をどうとり入れて、どのように訓練するかは、

聖師が決定ずる。修行者それぞれ、みな素質と因縁がちがうので、それを見て、グルがめるのである。

 この修行において、グルの果たす役目は大きい。グルについて、少しのべよ

 

霊性の洗礼

 

まず、間違いなく霊性を開顕したグルを見つけて、そのグルに受け入れても

らうことである。それができたら、この修行は八分どおり成功したといっていい

くらいである。それくらい重要なことであり、かつ、むずかしいということある。

 グルなくして、正しい霊性開顕の仏道修行は不可能である。ふつうの仏教信

心とはちがうのである。信心のしかたや、信仰のしかた、経典の講義や解釈を教

わるという程度のものならばとにかく、霊性開顕の仏道修行は、強力な霊的能力

を持つグルの助けなくしては、絶対といっていいほど、できないのである。

 たとえば、インド近代の聖者ラーマナーマハリシが、入門者に対して、「凝視

の方法」で受け入れの儀式をおこなったとき、彼の両眼の輝きと力が相手の心

をつらぬいて、その雑念の流れを断ち切ってしまったといわれる。ときとして

は、まるで電流が身の内に流れ込んだように相手は感じたともいわれる。

 

A wise reader will have already noticed. This is what Tibetan Buddhism calls

That it is “the consensus of the king by thought”. The thoughtful consensus of the king was, in fact, a transmission by spiritual vibration.

I realized that I had reached the third level of the four steps leading up to the commentary, but this would definitely be the case if I had not fulfilled the diencephalon development practice tapas. It was not obtained. Only when the inner acceptance system is established will the king’s consent from the outside be issued.

Four steps leading up to liberation

Now, I say “four steps leading up to liberation”.

Anyone must go through these four stages in order to reach liberation. And anyone can reach liberation by walking along these four steps according to a good priest. Of course, you are right.

Therefore, let’s take a look at these four steps.

What are the four steps?

I, Srota a Panna Suda Certificate

2. Sakrd agamin, including sakadagami

3, anagmin, including Ana

Four, arhat, Arhat

Is.

To explain,

Suda 逼 — A cleansed saint

Including the saint

A saint who made a leap forward (in dimension)

Arhat (transcendental dimension), also known as the completed saint, “Buddha”.

Then, how do the practitioners walk through these four steps?

Training to kill the limbic system and neocortical brain

It is a practice to kill the limbic thread and neocortical brain in a bite.

If the limbic thread and neocortical brain are not killed, the diencephalon will not work and the third eye will be open.

It is.

However, don’t get me wrong. Killing the limbic system / neocortical brain means

Ultimately, it is to make use of the limbic thread, especially the neocortical brain. New

The cortical brain is said to be the “seat of creation.” However, the true position of creation is in the diencephalon.

There is. The diencephalon is a place of spirituality and a seat of inspiration, as I have repeatedly explained. The development of this place is a real inspiration.

However, in order to develop the diencephalon, the limbic system and neocortical brain must be closed for some time. When the diencephalon is developed, the neocortical brain is revived. The newly revived neocortical brain is the brain with superhuman inspiration and creativity based on spirituality.

Then what kind of training is it?

Method and system of spiritual completion

That is the practice of completing spirituality left by Buddha. This is what I call the “Buddhahood Law.” The Buddhahood means the completion of spirituality, and the person who fulfills it is called the “Buddha”. That is why I call that method the “Buddhahood method.”

The details are as described in “Reincarnation Meditation Method H”, which is a method and system for the Buddhahood consisting of seven systems and thirty-seven curriculums. In Agama, this is called “Seven departments and thirty-seven dojos” or “37 Bodhipakkhi”. These two names were not given by me. It is an ancient Buddhist term.

I am all sutras other than Agama sutras, including the Lotus Sutra and Amida sutras.

The sutras other than Agama are the ones who criticize the sutras with a rather fierce expression.

However, this is because there is no Buddhahood law. Sakyamuni was actually explained only by Ago.

In addition to the historical fact that there is, is there any other “Buddhahood method” other than Agama?

That’s what I am. I am the truth, such as the scriptures without the “Buddhahood Law”

It cannot be recognized as a Buddhist scripture. Of course, the significance of existence

It may have some value, but it is not the mainstream. It should be called a sidestream. About this

Regarding this, please read my other books.

The seven departments and thirty-seven dozens are as follows.

Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method, Satipatthana method

That is all.

These seven subjects, thirty-seven kinds of curriculum,

One, meditation

Second, practice

Three, tapas (training)

Four Right Exertions-Cut Law, Repair Law, Defensive Law, Law Law

Iddhipada white greed foot method, work god foot method, heart god foot method, Kanjin foot method

Indriya method-Shinne method, Seishin root method, Nene method, Fixed root method, Keine method

Five-strength method-credit method, devotion method, psychokinesis method, constant power method, and power method

Seven Factors of Awakening-Choice of Awakening Grammar

Jokaku grammar, grammar, light grammar, grammar, grammar

Noble Eightfold Path-Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method, Fa Zheng Method

Mindfulness method, orthodox method

Can be classified into.

The Satipatthana method and the Indriya method are meditations.

The Four Right Exertions, the Five Strengths, the Seven Factors of Awakening, and the Noble Eightfold Path are practice and meditation.

Iddhipada method is a special training tapas.

Iddhipada is the magical power (supernatural power), and this Iddhipada method obtains the supernatural magical power.

There are four types of training methods for this purpose. The previously mentioned sticky training tapas belongs to this genus.

Of these seven subjects, meditation and practice subjects were incorporated, centering on training tapas.

To practice. How to take in which subject and how to train

The Holy Master decides. Each practitioner has different qualities and ties, so when he sees it, he guru.

In this training, the guru plays a big role. About Guru, a little bit

Spiritual baptism

First of all, even if you definitely find a guru that reveals spirituality and accept it

It is to get. If you can do that, you can say that this training was successful as much as eight minutes.

About. It’s that important and it’s difficult.

Without a guru, it would be impossible to practice Buddhism with proper spiritual manifestation. Ordinary Buddhist faith

It is different from the mind. Teaching how to believe, how to believe, lectures and interpretations of scriptures

Anyway, the Buddhist training of spiritual manifestation is a powerful spiritual ability.

It can hardly be done without the help of a guru.

For example, the modern saint of India, Ramana Maharishi, told the beginners, “Gaze.

When the ritual of acceptance was performed by “the method of”, the brilliance and power of his eyes were the heart of the other person.

It is said that he broke through the flow of thoughts. Sometimes

It is said that the other party felt as if an electric current had flowed into his body.

 

料理  オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフの三國清三によるレシピ

「ジューシーなローストポーク」

【材料】4人前
豚肩ロースの塊 500g
玉ねぎ 1個
人参 1本
黄人参 1本
さつまいも 1本
にんにく 1株
ローズマリー 2本
オリーブオイル 50g

塩 適量
こしょう 適量
マスタード 適量

1.玉ねぎ、にんにくは半分にカットする。豚肉に塩、こしょうで下味をする。

2.フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉の表面を焼く。

3.天板に野菜と(2)の豚肉をのせる。フライパンに残った焼き汁もかける。

4.180℃のオーブンで30分ほど焼く。途中15分くらいで肉をひっくり返す。

5.焼き上がったら、ホイルで全体を包んで休ませる。

◎お皿に盛りつけて、マスタードを添えて、ボナペティ!



料理  料理レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフの三國清三による「オニオングラタンスープ

【材料】(2個分)
玉ねぎ 1個
バター 12g
うま味だし 2カップ
粉チーズ 20g
バゲット 6枚
にんにく 1片
塩 適量
こしょう 適量

1.玉ねぎは薄切りにする。バゲットの表面ににんにくをこすりつけておく。

2.鍋に玉ねぎとにんにくを入れて、中火〜強火で炒める。

3.一旦火を止めて、フライパンについた焦げ目を玉ねぎで蒸してとる。

4.再び弱火にかけ、バターを加える。

5.うま味だしを加え、強火で沸かす。

6.塩、こしょう、粉チーズ(半量)で味をする。

7.耐熱容器に入れ、バゲットと粉チーズをのせる。

8.200℃のオーブンで10〜15分ほど焼く。

◎ボナペティ〜!

▼うま味だしの作り方▼

======================================

「オテル・ドゥ・ミクニ」

JAPONISÉE (ジャポニゼ)
ミクニの料理哲学、そしてエスプリ。

自然派「キュイジーヌ・ナチュレル」を一歩進めて、マ・キュイジーヌ「ジャポニゼ」へ。

「ジャポニゼ」とは、完璧なまでにフランス伝統料理を理解した上で、
フランス料理人しか表現できない料理のエスプリと哲学を完璧に日本化し、表現すること。

その証として、三國清三はフランス共和国からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを、
フランソワ・ラブレー大学から名誉博士号を授与されました。



今日の運勢 9月30日 Today’s fortune September 30

 

 

九紫火星の日

金銭問題、女性にかかわる苦労あり。人に背反されることあり。派手な苦労をする日

再生の週  成の日
過去の積み重ねが達成される日。
さらに新しいことへの興味が芽生える日でもあるので、実現に向けたプランを立てたり、イメージをふくらませるとよいでしょう。
周囲からの助けに恵まれる日でもあるので、小さな情報でもキャッチする積極的な姿勢を心がけてください

● Kyushu Mars Day

There are financial problems and difficulties related to women. It may be contrary to people. A day of flashy hardship

Regeneration Week Chau Seng Day
The day when the past accumulation is achieved.
It’s also a day when interest in new things grows, so it’s a good idea to make a plan for realization and expand your image.
It is also a day when you are blessed with help from those around you, so please be proactive in catching even small information.



料理  オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフの三國清三による「バロティーヌ」

【材料】
鶏胸肉 1枚
.
〈ファルシー〉
鶏ひき肉 100g
卵白 10g
生クリーム 10g
黒ごま 10g
冷凍ミックスベジタブル 60g
.
〈ソース〉
マヨネーズ 70g
タバスコ 適量
小ねぎ 大さじ1
.
塩 適量
こしょう 適量

1.鶏胸肉はそぎ切りにしておく。小ねぎは小口切りにする。ボウルにソースの材料を合わせておく。

2.ボウルに鶏ひき肉、塩、こしょう、卵白、生クリーム、黒ごま、ミックスベジタブルを合わせる。

3.ラップを広げ、鶏胸肉をのせる。塩、こしょうで味をする。

4.その上に、ファルシーをのせ、しっかりと巻く。

5.鍋に湯を沸かし、塩(ひとつまみ)を入れる。80℃まで温度をおとし、(4)を入れる。25〜30分ほど火を入れる。

◎お皿に盛りつけて、ボナペティ〜〜!!

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) グリルパン ブラック 37.2×22.3×6cm スキレットコート IH対応 SKL-G

新品価格
¥4,670から
(2020/9/29 09:26時点)

今日の運勢  9月29日 Today’s fortune September 29

 

一白水星の日

この日には不遇、失意気味の来訪者が多いものです。自分自身も、憂い事で憂鬱になるものです。 部下や子供の問題も出る。この日は特に陰徳に心がけることが大切です

再生の週  危の日
吉凶混合の日。
仕事運と対人運は概ね好調で、周囲からの評価も期待できます。
健康には注意が必要で、思わぬ怪我や事故に巻き込まれる可能性が高い日です。
何事も調子に乗りすぎると痛い目に遭うでしょう

Ichihaku Mercury Day

There are many unlucky and disappointed visitors on this day. I myself am also depressed by melancholy. There are also problems with subordinates and children. It is especially important to keep in mind the immorality on this day

Rebirth Week Dangerous Day
A mixed day of good and bad.
Work luck and interpersonal luck are generally strong, and we can expect evaluations from those around us.
It is a day when you need to be careful about your health and you are likely to be involved in an unexpected injury or accident.
If you get too sick, you will get hurt.

 



ジグモンドーフロイト、カールーユングにつづく世界的な心理学者、リ  ポットーソンディ  Sigmund Freud, a global psychologist following Karoo Jung Potto Sondy

 そういう記憶が、もしも突然あらわれて、われわれを。現実的に、

われわれの深層意識の中にひそむ悪しき先祖(の記憶)が、われわれを動

かしているのである。

 たとえば、非常に多くの人に見られる「中途挫折の因縁」というのがあ

る。なにをやっても中途で挫折、失敗して、ものごとをなしとげることの

できない因縁である。

 これは、男性の場合、主として職業の上にあらわれ、女性の場合、恋

愛・結婚の上にあらわれる。

 程度の差はあるけれども、ほとんどの人が持っているので、心理学者も

深い興味をいだき、心理学の上からいろいろと考察している。

 つねに中途挫折をくりかえす人を「運命神経症」と名づけたのは、フロイトである。

 この運命神経症というのは、その人の無意識の意識の中に、不可抗力的

なある力が存在していて、いつもものごとが中途で挫折し失敗するように

させられてしまうというものである。

 フロイトは、この無意識の中にひそむ力を、「反復強迫」とよんだ。

 こういう人の小さいときからの生活をしらべてみると、いつも、ものご

とが、もうちょっとというところでダメになり、失敗しているのである。

それは、この人の心の奥トト意識しない意識の中に、ものごとをこわして 

失敗してしまう方向に持っていこうとする自己破壊の心がはたらいて、そ 46

うさせてしまうというのが、フロイトの説なのである。

  これは、フロイトだけではない。他の心理学者たちもみとめており、た

 とえば、メニンジャーはこれを「自己破壊の傾向を持つ精神形態」とよんでいる。

  こういう自己破壊の心は、いったいどこから生ずるのであろうか?

  これは、そのほとんどが、その人の祖先か、あるいは、祖先の周辺の人

 たちが原因しているのである。

  

ジグモンドーフロイト、カールーユングにつづく世界的な心理学者、リ

 ポットーソンディは、この現象にふかい興味を持って、てってい的に追求

動によるものであるとして、深層心理学の分野に、「運命心理学」「衝動心理学」というあらたな部門をきりひらいた。

 かれは、ここにあらわれる深層意識を「家族的無意識」と名づけた。

 それまでの深層心理学は、おおづかみに分けて、フロイトの「個人的無ていた。

 

 ところが、ソンディの運命分析心理学は、この二つの層の中間にある

「家族的無意識」という無意識の第三番目の領域をきりひらいたのである。

 つまり、「個人」と「群衆」の間に、「家族」を発見したわけだ。これは

じつにユニークな、そして妥当な発見であった。

 結論として、ソンディは、つぎのようにいうのである。個人の無意識層の中に抑圧されている特殊な祖先の欲求が、子孫の

。恋愛・(結婚)・友情・職業・疾病・および死亡の型式”における無 

意識的選択行動となって、その運命を決定する。

 先きに、私は、無意識層にひそむ祖先の記憶がわれわれを動かす、とい

った。ソンディは、祖先の欲求という表現をしている。結局おなじことを

いっているわけだが、心理学者としてのソンディの立場からすれば、この表現のほうが、妥当であろう。

 

 だが、なんと! このソンディの理論によると、中途挫折の因縁どころか、職業、友人、恋人や結婚相手の選択、病気、死にかた(!)まで決定されてしまうのである。だれに? 。特殊な祖先”に、である。

 これだけのものを。特殊な祖先”に決定されてしまったのでは、自分の意志など、まるっきり無いも同然ではないか。

 われわれはこれら人生のキイーポイントになるものを、すべて自分の意

志や知性によって決定していると考えている。

 

 しかし、じっさいはそうではなかったのである。自分の無意識層の中にひそむ。祖先の特殊な欲求”がわれわれの知らぬうちに、われわれを動かして、それを決定していたのである。

 われわれは、。祖先の特殊な欲求”にふりまわされているのだ。どのようにふりまわされているのか。

 じつは、この「運命分析心理学」の創始者、リポットーソンディ博士は、

自分自身、この「特殊な祖先の欲求」にふりまわされかけた体験を持つのである

 

 

If such a memory suddenly appears, we. Realistically

The evil ancestors (memories) hidden in our deep consciousness move us

I’m doing it.

For example, there is a “fate of halfway setback” that is seen in so many people.

To. No matter what I do, I get frustrated, fail, and get things done

It is a cause that cannot be done.

In the case of men, this mainly appears on the occupation, and in the case of women, love

Appears on love and marriage.

Although there are differences in degree, most people have it, so psychologists also

He is deeply interested and considers various things from the perspective of psychology.

It was Freud who named the person who constantly repeats frustration as “fate neurosis”.

This fateful neurosis is force majeure in the unconscious consciousness of the person.

There is a certain power, so that things always fail in the middle

It is supposed to be made to.

Freud called this unconscious power hidden in “repetitive compulsion”.

When looking at the life of such a person from a young age, it was always a thing

However, it has failed in a little while.

It breaks things in the unconscious consciousness of this person’s heart.

The self-destructive mind that tries to take it in the direction of failure is working, that 46

Freud’s theory is that it makes him sick.

This is not just Freud. Other psychologists are also aware of it

Speaking of which, Meninger calls this a “mental form with a tendency to self-destruct.”

Where does this kind of self-destructive mind come from?

Most of this is the person’s ancestors or people around the ancestors

It is caused by us.

Sigmund Freud, a global psychologist following Karlou Jung, Li

Potto Sondy has a keen interest in this phenomenon and pursues it

Assuming that it was due to movement, he opened new departments in the field of deep psychology, “fate psychology” and “impulsivity psychology”.

He named the deep consciousness that appears here “family unconscious”.

The deep psychology up to that point was divided into two parts, Freud’s “personal absence.

However, Sondy’s fate analysis psychology lies between these two layers.

It opened up the third area of ​​the unconscious, the “family unconscious.”

In other words, I found a “family” between the “individual” and the “crowd.” this is

It was a truly unique and reasonable discovery.

In conclusion, Sondy says as follows. The desire of a special ancestor, which is suppressed in the unconscious layer of the individual, is the desire of the descendants

.. Nothing in “types of love, (marriage), friendship, occupation, illness, and death”

It becomes a conscious choice action and determines its fate.

Earlier, I said that the memories of our ancestors hidden in the unconscious layer move us.

It was. Sondy describes it as the desire of his ancestors. After all, the same thing

That being said, from Sondy’s point of view as a psychologist, this expression would be more appropriate.

But what! According to Sondy’s theory, not only the cause of the frustration, but also the occupation, friends, choice of lover or marriage partner, illness, and death (!) Are decided. To whom? .. To a special ancestor.

Only this one. If it was decided to be a “special ancestor”, it would be almost as if there was no intention of oneself.

We have all the key points of our lives

I think it is determined by aspiration and intellect.

However, that was not the case. Hide in your unconscious layer. “The special desires of our ancestors” moved us and decided it without our knowledge.

we,. It is being swayed by the special desires of its ancestors. How is it being swayed?

In fact, Dr. Lipotto Sondi, the founder of this “Fate Analysis Psychology”,

I myself have the experience of being swayed by this “special ancestral desire”.

apple  Apple Watchの「ソロループ」が本体を送り返さなくてもサイズ交換できるように

「アップルバンドゲート事件」と呼びたい人もいるかもしれない。Apple Watchの最新機種、Series 6を巡る最近のオンライン騒動だ。Solo Loop(ソロループ)の発表は、先週のイベントでちょっと目立った話題だった。時計のバンドがハードウェアイベントの中心になることなどめったにあることではない。よくあることだが、発売されるやいなや返品が相次いだ。もちろんそれは、どんな新製品でもあることだが、ここではいくつかの理由で問題が複雑化している。まず、この締め具のないバンドは、いろいろな太さの手首にフィットするようにさまざまなサイズが用意されている。そして、店頭で試すことか難しい昨今の事情がことをさらにややこしくした。返品した人たちは多くのイライラを募らせた。オンラインのサイズ測定で適切なサイズを見つけるのは困難だと多くの人が報告した。そして、返品するためにはApple Watch全体を送り返さなくてはならないことに、さらに不満を顕にし人がたくさんいた。

画像クレジット:Apple

その後アップルは問題の一部に対応することを発表した。まず、ユーザーは(時計全体ではなく)バンドだけを店頭または郵送で交換できるようになった。ただしそれは、自分に合うサイズの交換品があることが前提だ。アップルは一部のスタイルやサイズの在庫を揃えるのに苦労しているらしい。さらにアップルは、バンドの価格表を修正して、ぴったりのサイズを見つけるための追加情報を載せた。測定用ツール(ベルト見本)をプリントし、切り取って手首に巻く。決してハイテクでも理想的でもない方法だが、ピンチを脱するためには役立つに違いな

ちなみに私はこのバンドをかなり気に入っている。つけ心地は快適で伸縮性のある素材がよく動きにフィットする。私はブレイデッド(組み紐)バージョンが特に好きだ。ただし、アップルは私の手首のサイズを三角測量したらしく何種類か送って試させてくれた。その中のひとつがぴったりだった。誰もが自宅でこんなことはできないので、上のツールを使ってできるだけ近いものを見つけることになる。

そしてもうひとつ、これは快適さだけの問題ではない。新しい血中酸素飽和度測定のように、適切にフィットすることを必要とする機能もあるので、ぴったり合っていないと別のイライラ体験をしかねない。

画像クレジット:Brian Heater

[原文へ]