デジタル

apple  Apple Watchの「ソロループ」が本体を送り返さなくてもサイズ交換できるように

「アップルバンドゲート事件」と呼びたい人もいるかもしれない。Apple Watchの最新機種、Series 6を巡る最近のオンライン騒動だ。Solo Loop(ソロループ)の発表は、先週のイベントでちょっと目立った話題だった。時計のバンドがハードウェアイベントの中心になることなどめったにあることではない。よくあることだが、発売されるやいなや返品が相次いだ。もちろんそれは、どんな新製品でもあることだが、ここではいくつかの理由で問題が複雑化している。まず、この締め具のないバンドは、いろいろな太さの手首にフィットするようにさまざまなサイズが用意されている。そして、店頭で試すことか難しい昨今の事情がことをさらにややこしくした。返品した人たちは多くのイライラを募らせた。オンラインのサイズ測定で適切なサイズを見つけるのは困難だと多くの人が報告した。そして、返品するためにはApple Watch全体を送り返さなくてはならないことに、さらに不満を顕にし人がたくさんいた。

画像クレジット:Apple

その後アップルは問題の一部に対応することを発表した。まず、ユーザーは(時計全体ではなく)バンドだけを店頭または郵送で交換できるようになった。ただしそれは、自分に合うサイズの交換品があることが前提だ。アップルは一部のスタイルやサイズの在庫を揃えるのに苦労しているらしい。さらにアップルは、バンドの価格表を修正して、ぴったりのサイズを見つけるための追加情報を載せた。測定用ツール(ベルト見本)をプリントし、切り取って手首に巻く。決してハイテクでも理想的でもない方法だが、ピンチを脱するためには役立つに違いな

ちなみに私はこのバンドをかなり気に入っている。つけ心地は快適で伸縮性のある素材がよく動きにフィットする。私はブレイデッド(組み紐)バージョンが特に好きだ。ただし、アップルは私の手首のサイズを三角測量したらしく何種類か送って試させてくれた。その中のひとつがぴったりだった。誰もが自宅でこんなことはできないので、上のツールを使ってできるだけ近いものを見つけることになる。

そしてもうひとつ、これは快適さだけの問題ではない。新しい血中酸素飽和度測定のように、適切にフィットすることを必要とする機能もあるので、ぴったり合っていないと別のイライラ体験をしかねない。

画像クレジット:Brian Heater

[原文へ]

ps5  10分でわかる!PS5発売後の最新ゲーム全26タイトル情報まとめ

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/hbfoiAmWRz4″ frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

月12日(金)早朝の5:00から配信された「PS5 – THE FUTURE OF GAMING SHOW」という映像イベントで紹介されたPS5向け発売予定タイトルを10分でわかりやすくまとめてみました!

apple  お手頃価格の新モデル「Apple Watch SE」開封&フォトレビュー

<header>
<h1></h1>
</header><article><a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/00.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2F00_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>2020年9月16日に配信された <b><a href=”https://gigazine.net/news/20200916-apple-events-time-flies/”>Appleの新製品発表会</a></b>で発表された、Apple Watchの廉価モデル「 <b>Apple Watch SE</b>」をゲットしたので、さっそく開封の儀&フォトレビューしてみました。<b>Apple Watch SE – Apple(日本)</b>
<b><a href=”https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/”>https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/</a></b>というわけで、これがApple Watch SEの入った箱です&nbsp;

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPMTS+6ZUDO2+3250+64C3L” rel=”nofollow”>
<img src=”https://www27.a8.net/svt/bgt?aid=180914896423&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000014274001028000&amp;mc=1″ alt=”” width=”234″ height=”60″ border=”0″ /></a>
<img src=”https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPMTS+6ZUDO2+3250+64C3L” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320104.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320104_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

透明のフィルムで覆われていますが、端っこに以下のようなつまみが飛び出しているので……
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320105.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320105_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

これを引っ張ると簡単に透明のフィルムをはがすことができます。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320106.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320106_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

フィルムをはがしたら底面から箱を開けて……
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320107.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320107_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

こんな感じ。ケースの内側はさまざまなカラー&バンドのApple Watchが並んだポップな見た目で、さらにApple Watch SE本体とバンドが入った箱が別々に収納されています。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320108.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320108_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

まずはApple Watch SE本体が入ったケースを開封。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320110.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320110_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

ケース底面の両端に以下のような矢印付きのシールが貼ってあるのではがして……
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320111.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320111_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

パカリ。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320112.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320112_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

「Designed by Apple in California」と書かれた紙の中には簡単な使用ガイドが入っており……

&nbsp;

<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320113.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320113_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

その下には充電用ケーブル。なお、電源アダプターは付属していません。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320114.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320114_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

Apple Watch SE本体は半透明のフィルムに覆われており……
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320115.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320115_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

フィルムをはがすとこんな感じ。今回は40mmケースのシルバーを購入。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320116.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320116_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

裏面はこう。中央のセンサー周りにモデル名などが記されています。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320119.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320119_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

右側面には左からサイドボタンとデジタルクラウン。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320120.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320120_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

左側面にはスピーカー&マイクユニット。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320121.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320121_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

続けてバンドが入った箱を開けます。今回購入したのは新バンド「ブレイデッドソロループ」のアトランティックブルー。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320122.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320122_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

バンドが入った箱は、底面左にある透明シールをはがすと……
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320123.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320123_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

パカリと開くことができます。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320124.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320124_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

ブレイデッドソロループの見た目はこんな感じ。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320126.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320126_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

金具部分に何mmケース用のバンドであるかと、バンドのサイズが明記されています。今回は40mmケース用のサイズ9を購入。金具部分には黒色のゴムが3つずつ付いていますが……
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320133.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320133_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

裏面では真ん中が金属パーツになっています。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320134.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320134_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

この金属パーツがある面がApple Watch SEの背面にくるようにして、バンドを取り付けます。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320135.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320135_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

バンドをつけるとこんな感じ。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320137.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320137_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

新バンドのソロループは金具などのない一体型バンドなので、これまでにないシンプルな見た目。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320144.jpg”><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320144_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

ブレイデッドソロループは伸縮性のある100%再生素材のポリエステルフィラメント糸を1万6000本も使用したバンドで、ソフトな質感ながら汗にも水にも負けないバンドとなっているとのこと。実際に装着してみたところ、ブレイデッドソロループは織り目があるためか、肌触りはザラザラというよりゴツゴツした印象です。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320146.jpg”><img class=”incomplete” src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320146_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

ソロループはかなり伸びるので、500mlのペットボトルでも難なく巻けます。また、留め具がないのもポイントで、従来のバンドを装着してどうしても金具や留め具部分が気になっていた人は、このソロループを試してみるとよさそう。ただし、ソロループは9サイズ展開で、腕に巻いてみないとフィット感を確かめることができないので、試着が必須となりそうです。
<a href=”https://i.gzn.jp/img/2020/09/23/apple-watch-se-photo-review/P5320148.jpg”><img class=”incomplete” src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fi.gzn.jp%2Fimg%2F2020%2F09%2F23%2Fapple-watch-se-photo-review%2FP5320148_m.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ /></a>

なお、Apple Watch SEはGPSモデルの40mmケースが税別2万9800円、44mmケースが税別3万2800円、GPS+セルラーモデルの40mmケースがが3万4800円、44mmケースが税別3万7800円です。

</article>&nbsp;

&nbsp;

<footer></footer>
<div id=”analytics”></div>

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPMTS+6ZUDO2+3250+66OZ5″ rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”300″ height=”250″ alt=”” src=”https://www20.a8.net/svt/bgt?aid=180914896423&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001039000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www14.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPMTS+6ZUDO2+3250+66OZ5″ alt=””>

テスラが260万円台EV製造、約3年以内に-完全な自律走行性能

<header>
<div id=”author-and-channel-link-button”>
<div id=”author”></div>
</div>
<div id=”friends”></div>
</header><article><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fassets.bwbx.io%2Fimages%2Fusers%2FiqjWHBFdfxIU%2FiYq_MEod2Jck%2Fv0%2FpiFq5T3pJF0qzS8rF9LjsWaQ%2F-1x-1.jpg&amp;fo=webp&amp;w=640″ />
(ブルームバーグ): 1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、価格2万5000ドル(約263万円)のEVを約3年以内に製造する計画だ。同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が22日に明らかにした。大衆市場向けの安価なEVの販売という長年の目標達成に動く。マスクCEOはテスラの技術を披露する「バッテリーデー」のイベントで、「これは最初から常にわれわれの夢だった。今から約3年以内に完全な自律走行性能を併せ持つ魅力的な2万5000ドルのEVを製造できる自信がある」と語った。

テスラの株価は22日の通常取引終了後の時間外取引で一時7.7%下落した。

原題:Musk Says Tesla Plans $25,000 Electric Car in About Three Years(抜粋)

</article>
<div id=”analytics”></div>

apple  最小の5.4インチモデル、製品名は「iPhone 12 mini」のうわさ

<header>
<h1></h1>
</header><article>
<figure><img src=”https://thumbnail.smartnews.com/?url=https%3A%2F%2Fmedia-mbst-pub-ue1.s3.amazonaws.com%2Fcreatr-uploaded-images%2F2020-09%2Fec863d70-fc82-11ea-97fb-aadc8318b164&amp;fo=webp&amp;w=640″ data-ops=”” /><figcaption></figcaption>
<div></div></figure>
今年のフラッグシップiPhone 12(仮)シリーズは性能など様々な噂が囁かれているものの、正式名称については情報がほとんどありません。

そんななか、予想されている4モデルの製品名が「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」になるとの噂が伝えられています。

有名リーカー(未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)L0vetodream氏は、上記の内容をツイート。同氏は第2世代iPhone SEおよびiPad Pro(2020)の発売時期や「macOS Big Sur」の名称を的中させており、最近も<a href=”https://japanese.engadget.com/airpods-studio-u1chip-051516003.html”>純正オーバーイヤーヘッドホンAirPods Studioの情報をシェア</a>していました。
<div class=”ad-ip-container”>
<div id=”05AFHJw2cQaAg7oq7BsAABAAEAq8bfDa7G3w2vxt8N3bnDApeWlgYHBCBj5pr_” class=”smart-ad-smartview rectangle compact “>
<div class=”thumnail-wrapper-outer”>
<div class=”thumbnail-wrapper-inner”>
<div class=”thumbnail e”></div>
</div>
</div>
<div class=”description”><span class=”title”>Fリーグがデジタルを活用した健康管理の取り組みを開始</span> <span class=”text”>LINEとつながるビジネスチャットはLINE WORKS!充実したセキュリティでリモートワークの情報共有・コミュニケーション課題を1つのアプリで解決</span></div>
</div>
</div>
これら4つの名前は、おそらくiPhone 12シリーズの3サイズ/4モデルに対応したもの。すなわち5.4インチモデルがiPhone 12 mini、6.7インチモデルがiPhone 12 Pro Max、2つの6.1インチがiPhone 12とiPhone 12 Proになると思われます。

ハイエンド機に「Pro」と命名するのは前年のiPhone 11シリーズの前例を踏襲しており、そのうち大型モデルに「Max」と付け、比較的安価なエントリーモデルは接尾語なしとするのも直近の命名システムに従っています。それぞれの価格帯や大きさも直感的に分かりやすく、論理的とも言えそうです。

そしてiPhoneとしては初登場の「mini」は、iPad miniやMac miniなどにも見られたもの。中間サイズのiPhone 12/12 Proよりも小さく、iPhone 12 Pro Maxの対極にある位置づけも見えやすいはず。
<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TRI3F+8ZVW6I+3KX4+62MDD” rel=”nofollow”>
<img src=”https://www28.a8.net/svt/bgt?aid=170924379544&amp;wid=004&amp;eno=01&amp;mid=s00000016708001020000&amp;mc=1″ alt=”” width=”320″ height=”100″ border=”0″ /></a>
<img src=”https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=2TRI3F+8ZVW6I+3KX4+62MDD” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

もう1つ気になるのが「iPhone 12シリーズの価格はどうなるか」ということです。特にiPhone 11の後継機として最も売れると見られるiPhone 12(<a href=”https://japanese.engadget.com/iphone12-airtag-051539086.html”>製造発注の約40%を占めているとの噂</a>)がおいくらになるか、に注目が集まっています。
<div class=”ad-ip-container”>
<div id=”05AFHJw2cQaAg7oq7BsQABAAIApK30DNi19AzZtfQM3bnDApeWlgYHBCAM0Y0t” class=”smart-ad-smartview rectangle compact “>
<div class=”thumnail-wrapper-outer”>
<div class=”thumbnail-wrapper-inner”>
<div class=”thumbnail e”></div>
</div>
</div>
<div class=”description”><span class=”title”>小型軽量で持ち歩きやすいのに本格派!オリンパスのミラーレス一眼カメラ</span> <span class=”text”>オリンパスミラーレス一眼カメラ OM-D E-M5 Mark IIIの5つの特長をご紹介するスペシャルコンテンツ。持ち運びに便利な小型軽量ボディー、高い機動力と防塵防滴仕様カメラ。</span></div>
</div>
</div>
この点につき中国ガジェット系サイトGizchinaは、iPhone 11の699ドル(発売当時)より50ドル高い749ドルになるとの情報筋の話を伝えています。<a href=”https://weibo.com/1833340431/Jl9H2DR3b?from=page_1005051833340431_profile&amp;wvr=6&amp;mod=weibotime&amp;type=comment”>中国Weiboユーザーの手机晶片达人氏</a>いわく、iPhone 12のBOMコスト(トータルの部品費用)は50ドル近く増加したとのこと。5Gモデムや液晶より割高な有機ELディスプレイの増加分を積み上げると、値上げせざるを得ないというわけです。

しかもGizchinaによれば、この価格は有線イヤホンと充電器は同梱されないのが前提とのこと。2つの標準オプションを削っても、5G化によるコスト増は吸収しきれないとの見通しは、<a href=”https://japanese.engadget.com/iphone12-price-030049404.html”>大手証券会社のアナリストも述べていたところ</a>です。

高性能のわりに安価な新iPhone SEは価格に敏感なユーザーに買い求められ、もともと高価になりそうなiPhone 12の売上を共食いしないとの<a href=”https://japanese.engadget.com/ihonese-android-035539483.html”>予想もありました</a>。実際、第3世代より値上げとなった第4世代iPad Airも「ほとんどPro」の高性能ゆえに好評に迎えられましたが、iPhone 12の価格が実際に発表されたときの反応も見守りたいところです。

</article>
<div id=”analytics”></div>
<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZX2F4+1CTKDU+NTS+6W76P” rel=”nofollow”>
<img src=”https://www21.a8.net/svt/bgt?aid=060329344082&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000003088001158000&amp;mc=1″ alt=”” width=”468″ height=”60″ border=”0″ /></a>
<img src=”https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=ZX2F4+1CTKDU+NTS+6W76P” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

PlayStation 5 特集

<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″>
<h1>PlayStation 5 特集</h1>
</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”></div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″><img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic1.png” alt=”PS5_1″ /></div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″>
<h2><b>PS5が解き放つ、新しいゲームの可能性。</b></h2>
<p class=”bcs_i_maintext”>超高速SSDにより読み込み速度が飛躍的に向上。ハプティック技術、アダプティブトリガー、3Dオーディオ技術が生み出す濃密な没入感。そして、新世代の驚きに満ちたPlayStationタイトルの数々をご体験ください。</p>

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk2″><iframe src=”https://www.youtube.com/embed/RkC0l4iekYo” width=”560″ height=”315″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe></div>
<div class=”bcs_i_bulk2″><iframe src=”https://www.youtube.com/embed/HVp-Y61185U” width=”560″ height=”315″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe></div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″>
<h2><b>圧巻のスピード</b></h2>
<p class=”bcs_i_maintext”>統合I/O(Integrated I/O)により、カスタムされたCPU・GPU・SSDがその力を発揮。これまでのPlayStationの常識を超える処理性能を実現。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”><b>超高速SSD</b></p>
<p class=”bcs_i_maintext”>PS5本体にインストールされたゲームがほぼ瞬時に読み込まれ、短い待ち時間でプレイを楽しめます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”><b>統合されたカスタムI/O</b></p>
<p class=”bcs_i_maintext”>PS5本体にカスタムI/Oを統合することで、SSDからのデータの読み出しが非常に高速になり、これまで不可能だったゲームデザインが実現できるようになりました。</p>

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″>
<h2><b>驚きに満ちたゲーム体験</b></h2>
<p class=”bcs_i_maintext”>驚異のグラフィックや新機能を体感できる、PS5ならではのゲームラインアップ。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”><b>レイトレーシング</b></p>
<p class=”bcs_i_maintext”>本機能に対応するPS5タイトルでは、物体への光の当たり方を個別にシミュレートすることにより、まるで現実世界のような陰影や反射を再現。新次元のリアリズムがもたらすゲームへの没入体験を実感できます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”><b>4Kテレビ対応</b></p>
<p class=”bcs_i_maintext”>お気に入りのPS5タイトルを鮮明で美しい4Kテレビで遊べます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”><b>最大120fps、120Hz出力</b></p>
<p class=”bcs_i_maintext”>対応タイトルでは、120fpsの高フレームレートで滑らかなゲームプレイを楽しめます。120Hz/4Kモニターにも対応。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”><b>HDR技術</b></p>
<p class=”bcs_i_maintext”>対応するPS5タイトルでは、HDR対応テレビで驚くほど鮮やかで自然な色調を表現できます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”><b>8K出力</b></p>
<p class=”bcs_i_maintext”>PS5は8K出力にも対応。4320pの高解像度でプレイできます。</p>

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″>
<h2><b>魅力あふれるラインアップ</b></h2>
</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h5>Marvel’s Spider-Man:Miles Morales (仮称)</h5>
<p class=”bcs_i_maintext”>新たに手に入れた強力なパワーをマスターし、自分らしいスパイダーマンへと成長するマイルズ・モラレスの物語を体験しよう。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic10.png” alt=”PS5_10″ />

</div>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h5>Horizon Forbidden West (仮称)</h5>
<p class=”bcs_i_maintext”>謎めいた新たな脅威が潜む禁断の土地――アメリカ西部。壮大で危険に満ちたフロンティアをアーロイとともに冒険しよう。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic8.png” alt=”PS5_8″ />

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h5>Ratchet &amp; Clank:Rift Apart (仮称)</h5>
<p class=”bcs_i_maintext”>ラチェットとクランクと一緒に、銀河中を大冒険しながらはちゃめちゃガラメカをぶっ放せ!</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic12.png” alt=”PS5_12″ />

</div>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h5>グランツーリスモ 7</h5>
<p class=”bcs_i_maintext”>『グランツーリスモ 7』は、22年におよぶシリーズの歴史が生み出す最高の体験をあなたに届けます。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic6.png” alt=”PS5_6″ />

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h5>Returnal (仮称)</h5>
<p class=”bcs_i_maintext”>変化を続ける謎の惑星で永遠に繰り返される戦いの連鎖。終わらせるのは今だ。新作ローグライクTPS。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic13.png” alt=”PS5_13″ />

</div>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h5>Sackboy A Big Adventure (仮称)</h5>
<p class=”bcs_i_maintext”>リビッツの新しい遊び場は3Dアクション。みんなで一緒にレッツゴー!</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic14.png” alt=”PS5_14″ />

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_separate”></div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″>
<h2><b>PlayStation 5 対応周辺機器</b></h2>
<p class=”bcs_i_maintext”>新世代のPlayStation周辺機器で、広がるゲームプレイ</p>

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″><img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic2.png” alt=”PS5_2″ /></div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk1″>
<h3><b>DualSense ワイヤレスコントローラー</b></h3>
<p class=”bcs_i_maintext”>ゲーム内のアクションをリアルにその手で感じられる、これまで以上に濃密で臨場感あふれるプレイ体験を実現。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”>PS5用ワイヤレスコントローラー「DualSense」は、ツートンカラーの特徴的なデザインに、没入感をもたらす触覚フィードバック*1、抵抗力を変化させるアダプティブトリガー*1、内蔵マイクを搭載。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”>内蔵マイクを利用すれば、フレンドとオンラインでチャットできます*2。また、3.5mmのヘッドセット端子につなぐことで、お手持ちのヘッドセットもご利用いただけます。コントローラー上のミュートボタンで、簡単に会話のオンオフをコントロールができます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”>さらに、クリエイトボタンを使って、自慢のゲームプレイを録画したり、ライブストリーミング*2したりできます。先駆的で好評を博したSHAREボタンは、クリエイトボタンとしてさらに進化。プレイヤーは自身のゲームプレイをもとに動画・画像コンテンツを制作したり、世界に向けてライブ配信したりできます。</p>

</div>
</div>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk2″><img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic5.png” alt=”PS5_5″ /></div>
<div class=”bcs_i_bulk2″>

<iframe src=”https://www.youtube.com/embed/SebzB8W3bVU” width=”560″ height=”315″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe>
<h4></h4>
</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h3><b>PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット</b></h3>
<p class=”bcs_i_maintext”>PS5本体の3Dオーディオ*1のためにチューニングされたヘッドセットで、シームレスかつワイヤレスにゲームサウンドを楽しめます。洗練されたデザインのPULSE 3D ワイヤレスヘッドセットは、デュアルマイクによるノイズキャンセリング機能を搭載し、USB Type-C充電に対応。さまざまな操作も簡単にできます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”>内蔵充電バッテリーにより、最大12時間までワイヤレスでのプレイを楽しめます。同梱のアダプターで、PS5やPS4のほか対応するWindowsまたはmacOSのコンピューターにもつなぐことができます。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic11.png” alt=”PS5_11″ />

</div>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h3><b>DualSense 充電スタンド</b></h3>
<p class=”bcs_i_maintext”>DualSense充電スタンドがあれば、友達とのゲームを中断することなくプレイ続行可能。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”>DualSense ワイヤレスコントローラー(別売り)を2台まで、乗せるだけで簡単にセットできます。この充電スタンドでは、PS5と接続した場合と同等の早さでコントローラーを充電できるので、PS5本体のUSBポートをさらに活用できます。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic4.png” alt=”PS5_4″ />

</div>
</div>
</div>
<div class=”bcs_i_area”>
<div class=”bcs_i_cf_block”>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h3><b>メディアリモコン</b></h3>
<p class=”bcs_i_maintext”>映画やストリーミングサービス*3などを、PS5上で直感的・スムーズに操作できるボタンレイアウト。再生/一時停止、早送り、早戻しボタンを搭載し、メディアをすばやく操作できます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”>リモコンで直接PS5本体の電源をオンにしたりメニューを手軽に操作したりできます。また、対応するテレビの音量調整や電源入切が可能です。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic9.png” alt=”PS5_9″ />

</div>
<div class=”bcs_i_bulk2″>
<h3><b>HDカメラ</b></h3>
<p class=”bcs_i_maintext”>広角デュアルレンズを搭載し、滑らかで鮮明なフルHD画質で、自分のゲームプレイを録画。DualSenseワイヤレスコントローラーのクリエイトボタンで、ゲームプレイの録画または配信*2をすぐに開始できます。</p>
<p class=”bcs_i_maintext”>HDカメラには角度調整もできるスタンドがついています。すばやくセットアップできるコンパクトデザインで、テレビの上または下に設置可能。お使いの環境に合わせてアングルを細かく調整できます。</p>
<img src=”https://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/ps5/images/pic7.png” alt=”PS5_7″ />

</div>
</div>
</div>

apple   ついに携帯電話として独立したApple Watch ただし料金プランには課題も

Apple Watch Series 6(左)とApple Watch SE(右)

ハードウェアの進化そのもの以上に注目したいのが、Apple Watchの役割が変化しつつあるということだ。もともとApple Watchは、iPhoneのコンパニオンデバイスとして誕生した。iPhoneの通知を腕で受けたり、より体に密着したデバイスとしてアクティビティーのログを取ったりするのが主な役割だ。それ自体は今でも変わっていないものの、新たに登場した「ファミリー共有設定」で、独立した携帯電話としての顔も持つようになった。ここでは、Apple Watchの進化の歩みを振り返りつつ、その意義やAppleの狙いを読み解いていきたい。

正統進化で機能を強化したSeries 6に加え、廉価版のSEが登場

Appleは、従来1モデルで展開していたApple Watchを2つに拡大し、価格や機能にバリエーションを持たせた。1つが初代Apple Watchの流れをくむ正統進化版のSeries 6、もう1つが初めての投入になる廉価モデルのSEだ。iPhoneの場合、SEは相対的にコンパクトで、かつリーズナブルな端末に付けられているが、Apple Watchでは価格にその特徴を反映させた。

正統進化版のApple Watch Series 6
リーズナブルな価格が魅力のApple Watch SEも新たに登場した

金額は、Series 6が4万2800円からなのに対し、SEが2万9800円から。モバイルデータ通信が可能なセルラー版はその差がさらに大きくなり、Series 6が5万3800円からなのに対し、SEは3万4800円になる。

【訂正:2020年9月19日9時40分 初出時に「Series 3が5万3800円から」としていましたが、正しくは「Series 6が5万3800円から」です。おわびして訂正致します。】

Apple Watch Series 6は、新たに血中酸素ウェルネスセンサーを搭載し、血液中の酸素濃度を測定することが可能。“ウェルネス”と銘打たれているように医療目的には使えないものの、Apple Watchが得意としていたヘルスケア分野の機能をさらに強化した格好だ。形状はSeries 5とほぼ同じだが、常時表示ディスプレイが非アクティブ時に25%明るくなっていたり、Wi-Fiが5GHz帯に対応していたりと、ベースとなるハードウェアも着実に進化している。

血中酸素ウェルネスセンサーを搭載し、血液中の酸素の濃度を測定できる
非アクティブ時のディスプレイは、25%ほど明るくなった

対するApple Watch SEも、廉価モデルとはいえ、機能は充実している。ディスプレイサイズはSeries 4以降のApple Watchと同じで、サイズは40mmと44mmの展開。Series 5で導入された常時表示のディスプレイには非対応だが、加速度センサーやジャイロセンサーなどは備え、転倒検出は行える。チップセットは「S5デュアルコアSiP」で、ベースになっているのは2019年に登場したSeries 5とみていいだろう。そこから一部の機能をそぎ落としつつ、低価格を実現した格好だ。

Apple Watch SEの主な機能。Series 4とSeries 5の間ぐらいの性能といえそうだ

Apple Watchは購入者の75%以上が新規の利用者で、スマートウォッチの中では圧倒的なシェアを誇るが、競合も徐々に増えている。調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが8月に発表した2020年第2四半期のシェアは、Appleが30%で1位だったが、2位のHuaweiは14%で、その差は徐々に縮まっている。トップシェアを維持しているうちに、より市場を広げておき、盤石の体制にしておきたいと考えても不思議ではない。

watchOS 7のファミリー共有設定で“独立した携帯電話”に

シェア拡大の上で鍵になるのが、watchOS 7のファミリー共有設定だ。廉価なApple Watch SEを投入した理由も、この機能と深くリンクしている。ファミリー共有設定を利用すると、iPhoneとは別の電話番号、別のApple IDでApple Watchを使うことが可能になる。一度設定してしまえば、あとはiPhoneなしで利用可能。これは、Apple Watchが1台の“独立した携帯電話”になることを意味する。

Apple Watchを独立した携帯電話として利用可能にするファミリー共有設定

Appleが想定しているユースケースは、子どもや高齢者の見守りだ。GPSで子どもの居場所を調べ、いざというときには親と通話する――ジャンルで言えば、キャリアが投入してきた低年齢向けの見守り端末に近い。ドコモの「キッズケータイ」やauの「mamorino」、ソフトバンクの「キッズフォン」が、これに該当する。ただし携帯電話とは異なり、Apple Watchは腕に巻くことができるため、常時身に着けられる。ヘルスケア機能を備えているため、高齢者が自身の健康管理のために使いつつ、子どもが見守ることも可能だ。

電話やメッセージの相手を限定したり、位置情報を取得したりと、見守り端末として利用するケースを想定

Apple Watchの歴史をひもとくと、徐々に“iPhone離れ”を進めてきたことが分かる。まず、Series 3でeSIMを搭載し、iPhoneがない状態でも通話やデータ通信が可能になった。ただしwatchOS 6までは、あくまでiPhoneがそばにないときに単独で通信するための、補助的な通信機能と位置付けられていた。そのため、iPhoneとは同じ電話番号で運用する仕組みが採用されている。watchOS 7では、これに追加される形でファミリー共有設定が導入された。

iPhoneからの独立という観点では、watchOS 6でスタートしたApple Watch版のApp Storeも、その準備だったと考えることができる。それまでもwatchOSでは、iPhone経由でしかアプリをインストールできなかったが、watchOS版App Storeの登場によって、Apple Watch単体でそれが可能になった。iPhoneとひも付けて自分でApple Watchを使う分には、そこまで必要性は高くなかったものの、単体で機能するとなれば話は別だ。watchOS 6では「計算機」や「ボイスメモ」といった、スマートフォンにとっての必須機能も加わっており、単体で動作させることを意識していたことがうかがえる。

日本ではauがファミリー共有設定に対応、ただし料金には課題も

電話として運用する以上、ファミリー共有設定に対応するにはキャリアとの協力が不可欠になる。スペシャルイベントでは、世界各国で対応するキャリアの一覧が発表され、auの名前も挙がった。ドコモとソフトバンクは、ともに「現時点で決まったことはない」というため、まずは1社でのスタートになる。

Apple Watchの発表と同日、KDDIはファミリー共有設定に対応した「ウォッチナンバー」を発表。既存の「ナンバーシェア」から移行した際に受けられる割引キャンペーンも実施する。割引額は1年間1630円で、家族割プラスを適用すると、1GB以下の場合の料金は1年間350円になる。割引後の金額は、ナンバーシェアの350円に合わせた格好だ。KDDIはコンテンツサービスでAppleとの協業を深めており、こうした関係が素早い提供開始につながったという。

ただ、子どもや高齢の親に持たせるユースケースを考えると、不可解な点も残る。ウォッチナンバーの料金は「ピタットプラン 4G LTE」がベースになっており、2年契約時の料金は1GB以下で2980円。ナンバーシェアからの移行キャンペーンが終了してしまうと、この金額がフルにかかってしまう。設定用のiPhoneが必要になるため、少なくとも夫婦どちらかがau回線を持っていたとしても、家族割プラス適用で2480円からとまだまだ高く、見守り端末として持たせるにはためらう金額だ。

ファミリー共有設定は子どもや親に端末を渡すことが前提になっているため、キャンペーンがナンバーシェアからの移行というのも使い勝手が悪い。いったん、自分のApple Watch用に契約していたナンバーシェアからウォッチナンバーに移行しなければならず、改めてApple Watchのセルラー機能を使おうと思ったら、ナンバーシェアを再契約しなければならない。なぜ、専用の料金プランを用意しなかったのだろうか。

KDDIによると、スマートフォンと同じ料金設定になってしまったのは、総務省のガイドラインにのっとったためだという。ウォッチナンバーを契約したApple Watchは、いわゆる見守り端末とは異なり、電話に加えてインターネットへのアクセスもできる。先に述べたように、App Storeも用意されているため、超小型のスマートフォンと見なされる。同じスマートフォンである以上、キャンペーンを除いた正価を極端に変えることはまかりならんというわけだ。

確かに、iPhoneで使ったApple Musicの1GBと、Apple Watchで使ったApple Musicの1GBが異なる価格設定になっているのは、公平とはいえない。とはいえ、Apple Watch単体で利用できるデータ通信には限りもある。LTEはカテゴリー1でスマートフォンに比べると通信速度が遅く、テザリングもできなければ、ブラウザもメールなどに記載されたリンクからでないと起動しない。Apple Watchのような端末を見守り端末として普及させるには、こうしたユースケースを踏まえた適切な制度設計も必要になりそうだ。

これ、時計バンド革命だ…! Apple Watchの新バンド「ソロループ」アンボック

Photo: ヤマダユウス型

ぶっちゃけ、本体よりも興奮してるまである。

新しい「Apple Watch Series 6」&「Apple Watch SE」と共に、新しいバンド「ソロループ」と「ブレイデッドソロループ」もデビューしました。今回はよりお手頃な、「ソロループ」をアンボックスしつつハンズオンしていきます。ブレイデッド、

ソロループは、伸縮性のある液状シリコーンゴムを使い、極上の着け心地を追求したバンド。Apple Eventで見た限りだと、バックルというかリストバンドというか、すごくシンプルな造形に見えたんですよね。はてさて装着感はいかほどのものか。

すんごいシンプル

箱、めっちゃシンプルです。にはバックルもクラスプ(留め金)もないので、イラストで表現するとまぁこうなるか。カラーは「キプロスグリーン」をチョイス。軍モノのカーキにも似た落ち着いた色味です。

背面。シリコーンフィットバンドと説明されています。もうあれですか、シリコンは全部シリコーンなんですか。

おーぺん。ぱっと見、謎のゴムが収まっているだけなのでバンド感すらないです。箱もモノもシンプル。

さて取り外しをと、お、おぉ? かなり伸びるぞこれ。ここまで伸縮性のあるバンドは初めてですね。おもしろーい。

質感はスベっとしたシリコンゴム。定番のフルオロエラストマー製バンドに似てるけど、ソロループの方が柔らかく、ホコリがくっつきやすいです。汗でベタつきそうな気がするけど、どうなんだろ。

さて、それでは装着しようと思ったらですね。

すっっっごい伸びるじゃん! なんだこれ!?

実際、ソロループを装着するには、ビヨンと伸ばして手首に通します。そのためには手首に対して長さがジャストサイズな必要があって、プリントして使うサイズガイドも用意されてるほど。フルオロエラストマーベルトは全然伸びないけど、こいつは倍くらい伸びますよ。ゴムゴムのAppleじゃん。

装着方法はこんな感じ。まるでリストバンドですね。この時のフィット感はサイズガイド次第。実際にサイズガイドをプリントして測った編集部の網藤さんは、ジャストサイズよりワンサイズ上をチョイスしたら、小指一本分の余裕がありました。

腕時計をぶらりと着けたい人ならそれくらいのサイズ感が良さそうですが、センサー位置がズレる可能性もあるため、ちゃんと計測したい人はやっぱりジャストサイズが良いかと。でも、腕時計って窮屈すぎてもストレスですし、ここはセンシティブに選んだ方が良い点かもしれませんね〜。

そして、ソロループ最大のメリットはコレ。手首部分にバックルがないから、タイピングがめっちゃ快適! タイピング時にApple Watchを外していた編集部員山本さんも、これにはニッコリ。買うって言ってました。

ソロループについてAppleの公式サイトには、使用するうちに伸びる場合がありますと明記されているので、今までのバンドに比べると消耗品としての意味合いが強いかもしれません。着け外しするたびに伸ばしちゃますからね。

でも、タイピング時の腕時計ストレスのなさや、アクセサリーのようなまっさらなシルエットなど、魅力的な点も多し。Apple Storeでも取り扱いが始まると思うので、実際に質感を確かめてみるのをオススメします。ありそうでなかったバンドですよねー。

大衆向けのお手頃スマートウォッチ「Apple Watch SE」が発売

Apple Watchは決して安いものでは無く、Appleが実は新しい手頃なApple Watchを計画しているという噂を聞いてきました。AppleがSeries 3とSeries 6の中間に位置付けられた「Apple Watch SE」を正式に発表した事で、その噂は部分的に正しかったことがわかりました。Appleによれば、Apple Watch SEはSeries 3に比べて2.5倍も高速になったチップセットを搭載しています。また、Apple Watchのより新しいモデルと同じように大きくなったディスプレイや、スマートウォッチに期待するようなフィットネス関連の機能を多く備えています。残念ですが、当然ながらECGモニタリング機能や新しい血中酸素モニターは含まれていませんが、Appleが価格を下げる為には仕方の無いことだと思います。興味深いのは、Appleが実際はApple Watch SEでSeries 3を置き換えるという話も過去にありましたが、そうはならなかったということです。