デジタル

apple Appleが破壊的イノベーションを起こす3つの製品領域。メガネ、車、あと1つは?

Appleはコンピューターや音楽配信、アプリケーション販売、そして電話などのビジネスにディスラプションをもたらしてきた企業です。※ディスラプションとは既存のルールを打ち破り、業界構造を一変させるような破壊

Mac、iPod、iTunes、AppStore、iPhone、Apple Watchなど同社がヒットさせてきた製品は枚挙にいとまがありませんが、それらに葬り去られた製品も無数に存在します。メインフレームやCD/MDプレイヤー、PCソフトの販売店、ガラケー、そして腕時計などはAppleが起こしたイノベーションの波に飲み込まれた業界と言えるでしょう。

では、Appleが次にディスラプションもたらす製品は何なのか? 近年のリーク情報をもとに予測してみたいと思います。

 *Source: MacRumors、(2)、KoreaTimes、Bloomberg、Appleinsider

【1】メガネ→『Appleグラス』『MR(複合現実)ヘッドセッド』に

『Appleグラス』はレンズ部分にジェスチャーで操作できるディスプレイを備えたAR(拡張現実)グラスで、日常的に付けられる軽量なものになるとされています。


画像はイメージです

さらにもう1つが、『MR(複合現実)ヘッドセッド』。現実世界に情報を表示するARと違い、現実世界の3D形状をセンサーが把握し、そこに3D映像をシンクロさせることができると予測されています。リークによれば、AppleのMRヘッドセッドは手の動きを捉える12台以上のカメラと、視線を追尾する8Kディスプレイを備えているとのこと。


画像はイメージです

なお、Appleが取得した特許により「周囲の環境に合わせた明るさの調節機能」を『Appleグラス』及び『MRヘッドセッド』に搭載しようと考えていることが示唆されています。これにより、デバイスを装着した際や外した際の違和感が減少するとのことです。早ければMRヘッドセッドは2021年後半、ARグラスは2022年に登場すると見込まれています。

【2】自動車→『Apple Car』へ。

Appleは車の再発明にも動き出しています。『Apple Car』に関する情報はまだ少ないものの、完全な電気自動車であり、LiDARセンサーを使った自動運転技術を搭載するという説が有力です。LiDARセンサーを使えば光学カメラを使用した場合より精度が高く安全な自動運転を実現できるため、専ら光学カメラを頼りにした自動運転(オートパイロット)を開発しているテスラにとっては大きな脅威となりそうです。


画像はイメージです

Appleが電気自動車の製造を担うパートナーを探しているという噂は多くあり、過去には日本の日産自動車にも声をかけていたと報道されています。また、バイトンを傘下に収めたフォクスコンと電動自動車の製造に向けて協議を進めているというリーク情報もあり、2024年前半にも『Apple Car』のプロトタイプが公開される可能性があります。

【3】『iPhone』すらも再発明?


画像はイメージです

Apple自身が生み出した『iPhone』もAppleによる新たな破壊と創造の対象になるかもしれません。著名アナリストのミンチークオ氏によれば、Appleは2023年に8インチの『折りたたみ式iPhone』を発売するとのこと。折りたたみ端末で先行するサムスンやファーウェイの優位性は長くは続かないかもしれません。

さらにクオ氏は「折りたたみ式iPhoneの登場が、スマートフォン、タブレット、ノートPCの違いを曖昧にする」と述べています。『折りたたみ式iPhone』はAppleの既存製品の価値すら脅かしかねない諸刃の剣なのです。自らが生み出した『iPhone』に対して破壊的創造の大ナタを振るえるのか? あるいは、新たなディスラプターの前に敗れ去るのか? その命運を決めるのは『折りたたみ式iPhone 』かもしれません。

電気シェーバーの選び方

電気シェーバーのイメージ

身だしなみのアイテムとして人気の電気シェーバー。 ブラウン・パナソニック・フィリップスなどからさまざまな機種が発売されており、各メーカーの違いや性能の差も多く、どれを選んでいいのかわからない方も多いはず。電気シェーバーはひげが濃く「深剃りをしたい」、敏感肌で「肌の負担を抑えたい」など、ご自身の肌質や悩みに合わせて選ぶことが必要です。

ここでは、電気シェーバーの基本的な選び方や、深剃り向け・敏感肌向けのおすすめ電気シェーバー、コスパの良い電気シェーバーをご紹介します。

電気シェーバーの選び方

駆動方式で選ぶ

駆動方式とは内刃の動き方のことです。電気シェーバーの駆動方式は、左右に往復する「往復式」、回転する「回転式」、内刃がらせん状に回転する「ロータリー式」と大きく3種類に分かれています。この駆動方式は、肌質を基準に電気シェーバーを選ぶ上で重要なポイントなのでチェックしましょう。

往復式

電気シェーバーの選び方 駆動方式 往復式

往復式は網状の外刃でひげを立たせて、左右に往復する内刃でひげを剃る方式。内刃が高速で激しく往復するため、使用時の動作音が大きくなりがちです。濃いひげや太いひげの方はもちろん、細いひげからくせひげなどもしっかりと深剃りすることができます。

高速で振動する電気シェーバー本体を上下に動かしながらシェービングするため肌の摩擦が強く、ひげが薄い方にはあまり向いていません。その分、パワーが強くまとめてひげを剃れるので、ひげの濃い方のシェービング時間の短縮や時間がない朝に使用するのにぴったりです。

往復式は刃の枚数が多くなるほど価格は上がりますが、その分接地面が増えることで往復回数が減り肌への負担が少なくなります。深剃りをしながらも肌の負担を抑えたい方は、なるべく外刃の枚数が多い電気シェーバーを選びましょう。

回転式

電気シェーバーの選び方 駆動方式 回転式

回転式は外刃が円形で、中で内刃が回転運動することによりひげを剃ります。もみあげなどの剃りたくない箇所の剃り分けが難しい反面、外刃の面積が大きく広範囲にひげが剃れるため剃り残しを防ぎます。

また、1度に広範囲のひげを剃れるので何度も肌をこする必要がなく、摩擦が減ることで肌の負担やシェービング後のヒリヒリ感などを軽減。外刃の枚数は1枚から3枚まで発売されており、ひげを剃る範囲は刃の枚数の多さに比例します。

動作音が比較的静かなことや、オイル差しが不要でメンテナンスが簡単であることも特徴です。本体を回しながらシェービングするので敏感肌や乾燥肌の方以外にも、ひげが薄かったりまばらに生えていたりして、シェービングで剃る際、肌にダメージを与えやすい方にもおすすめです。

ロータリー式

電気シェーバーの選び方 駆動方式 ロータリー式

見た目は往復式に似ていますが、ロータリー式の駆動方式は外刃でひげをとらえ、らせん状の内刃が外刃の内側で回転します。往復式と回転式の特徴をあわせ持っており、回転式同様に動作音が比較的静かなことが特徴。

内刃の回転方向が一定で刃を強く押し付けてしまうと肌にダメージを与えてしまうので、ゆっくりと上下に本体をすべらせるようにしましょう。スピーディーにシェービングできるようになるまで時間がかかりますが、肌当たりがなめらかで剃り味はシャープなため、T字カミソリに近い感覚で使えます。

深剃り派?敏感肌派?肌質で選ぶ

電気シェーバーの選び方 肌質で選ぶ

電気シェーバーを選ぶうえで1番のポイントは肌質です。いくら性能が高い電気シェーバーを選んでも、肌に合わなかった場合、肌を傷つけてしまうおそれや剃り心地に満足しないこともあります。電気シェーバー選びは肌質のほかにひげの濃さ・生え方・密度などの考慮が必要ですが、まずは肌質を基準に選びましょう。

深剃り派

ひげが濃く、朝剃っても夕方にはひげが生えてきてしまう方や、ひげにくせがある方などは深剃り派とされます。深剃り派には、1度にまとめてしっかりシェービングできる往復式の5枚刃電気シェーバーや、カミソリのような剃り味が特徴のロータリー式がおすすめです。

敏感肌派

肌が乾燥しがちな方、いつもシェービング後にカミソリ負けが起きて肌がヒリヒリしてしまう方は、敏感肌といえます。そんな敏感肌の方は、摩擦を抑えて肌への負担が少ない回転式の電気シェーバーを選びましょう。肌が強くないけど深剃りしたいという方は、ロータリー式を選ぶとダメージを抑えながらしっかり剃ることができます。

電源タイプで選ぶ

電気シェーバーの選び方 電源タイプで選ぶ

電気シェーバーの電源タイプは、「充電交流式」「充電式」「乾電池式」の3種類あります。常にフルパワーでシェービングをしたいなら充電交流式、お風呂剃りには充電式、旅行や置き場所を取りたくないのであれば乾電池式がおすすめです。使用シーンや用途に合わせて選びましょう。

充電交流式

充電交流式は、コンセントに充電コードを挿し、充電しながら使用できる電源タイプです。水やクリームを使わないドライ剃りのみの電気シェーバーに採用されることがほとんど。充電切れの心配がなく、常にフルパワーで剃れるのが特徴です。

充電式

充電式は充電交流式と異なり、使用前の充電が必要。使用中の感電を防ぐ目的として、防水設計の電気シェーバーは充電式が多く採用されているので、お風呂剃りやシェービングフォーム・ジェルなどを使用したい方におすすめです。

電池式

バッテリーを搭載しない、比較的安価なモデルは電池式を採用しています。乾電池の種類によってパワーが変動するので、高出力のアルカリ電池などを使用するのがおすすめ。コンパクトなモデルが多く、旅行用や出張用などに活躍します。

洗浄方法で選ぶ

電気シェーバーの選び方 洗浄方法で選ぶ

電気シェーバーは使い続けていると皮脂やひげクズなどが溜まって、不快な臭いが発生したり、菌が繁殖してニキビや肌荒れの原因になったりすることもあります。最低でも週に1度は、付属のブラシなどで刃や電気シェーバー本体の汚れを落とす必要があります。

こまめなメンテナンスが苦手な方には、電気シェーバー本体を置くだけで洗浄・乾燥してくれるうえに充電機能もついた「全自動洗浄機付きモデル」がおすすめです。基本的に各メーカーの最上位モデルなので価格は少し高くなりますが、付属の洗浄台と専用洗浄液を使って皮脂やひげクズを洗い流し、乾燥させるメンテナンスがボタンひとつで完了します。

また、低価格でも比較的ラクにお手入れできるのは、本体を丸ごと水洗いできるモデル。洗浄後は菌の繁殖を抑えるため刃を必ず乾燥させてからシェーバー本体に装着させる必要がありますが、ブラシなどは使わずに本体を水洗いするだけなのでメンテナンスは簡単です。

防水の有無で選ぶ

電気シェーバーの選び方 防水の有無で選ぶ

電気シェーバーはカミソリと違い、ジェルやフォームがなくても手軽にひげを剃ることができるのが特徴。しかし、水気のある状態で電気シェーバーを使いたいという方は、防水機能付きの電気シェーバーがおすすめです。

シェービングフォームやジェルを使用すると、乾燥やシェービング後のヒリヒリ感などを抑え、肌をいたわりながらひげ剃りができるため、肌がとても敏感な方は駆動式とあわせて防水の有無もチェックしておくと安心。本体を丸ごと水洗いできる電気シェーバーがほとんどなので、お手入れのしやすさも含め、根強い人気があります。

電気シェーバーの人気メーカー

パナソニック(Panasonic)

電気シェーバーの人気メーカー パナソニック(Panasonic)

大手電機メーカーの「パナソニック」。人気シリーズ「ラムダッシュ」は、リニアモーター駆動式で内刃を高速に往復させ、すばやく深剃りできるのが特徴です。低振動設計で、肌への刺激を軽減できるのも魅力。「30°鋭角ナノエッジ内刃」を搭載し、硬いひげもしっかり剃れます。

また、5枚刃モデルは、3枚刃よりもヘッドが広く、肌への圧力を軽減。摩擦を軽減する「スムースローラー」は、肌に優しい剃り心地を実現します。

フィリップス(Philips)

電気シェーバーの人気メーカー フィリップス(Philips)

1939年以来、回転式シェーバーをつくり続ける「フィリップス」。「スーパーリフト&カット」技術により、刃が肌に接触するのを防ぎます。多方向に動く3つのヘッドを搭載し、顎まわりや肌の凹凸にもフィット。肌をいたわりながら深剃りできるのが魅力です。

また、「自動研磨システム」が備わっているのも特徴。回転するたびに内刃が磨かれるので、切れ味が長く持続します。

ブラウン(BRAUN)

電気シェーバーの人気メーカー ブラウン(BRAUN)

ドイツの先進テクノロジーを活かした「ブラウン」のシェーバーは、往復式が主流。多彩なトリマー刃と網刃が多方向に生えたひげや寝たひげ、くせひげなども逃さず捕えて深剃りします。少ないストロークで剃れるので、肌への刺激を軽減できるのも魅力です。

100%ウォータープルーフで、お風呂剃りや丸洗いにも対応。除菌ケアもできる「アルコール洗浄システム」を搭載したモデルも人気があります。

日立(HITACHI)

電気シェーバーの人気メーカー 日立(HITACHI)

世界で初めてドラムレザー刃搭載のロータリー式シェーバーを世に送り出した「日立」。ロータリー式では、ロータリー刃に加え、往復式トリマーも搭載した「ロータリージーソード」シリーズが人気です。長いひげを起こしてから、網刃がひげを逃さず挟みこみ、しっかり深剃りします。

親水性の高い光触媒を内刃にコーティング。水で洗うと、刃に付着した汚れが浮いて落としやすく、お手入れがしやすいのも魅力です。

IZUMI(イズミ)

電気シェーバーの人気メーカー IZUMI(泉精器)

長野県に本社があり、家電製品などを製造・販売する「IZUMI」。IZUMIの電気シェーバーは、コストパフォーマンスがよいと評判です。大容量リチウムイオンバッテリーの搭載が大きな特徴で、1日約3分間の使用なら、およそ4週間充電が持つとされています。

刃には、高い耐久性と切れ味が持続する「ステンレス刃」を使用。刃の交換頻度を抑えられるのも魅力です。

深剃り向けのおすすめシェーバー

パナソニック「ラムダッシュ」ES-CLV9FX-S

パナソニック「ラムダッシュ」ES-CLV9FX-S

寝たひげやくせひげもしっかり深剃りする5枚刃の電気シェーバーです。フィニッシュ刃・くせひげリフト刃・スリムコームスリット刃の3種5枚の外刃を搭載。センサーがパワーを制御してくれるため、敏感肌の方や肌をいたわりたい方にもおすすめです。

1分間に14000ストロークのリニアモーター駆動で、剃り始めから終わりまでパワーをキープ。防水仕様なのでウェットシェービングもできます。音波洗浄モードを使えば、皮脂やひげクズの水洗いもできる便利な1台です。

ブラウン「シリーズ9」9395CC-V

ブラウン「シリーズ9」9395CC-V

11度のシェービングでやさしく深剃りしてくれる電気シェーバーです。毎分1万回の音波振動テクノロジーがスムーズな剃り心地を実現。900種類の網目があるディープキャッチ網刃と、トリマー刃がさまざまなひげをカットします。

付属のアルコール洗浄システムは、シェーバーをセットすると汚れに合わせてクリーニング。除菌洗浄もできるので、清潔さが気になる方にもおすすめです。さらに、同時に充電も行ってくれるため、バッテリー切れの心配がありません。度

ブラウン「シリーズ5」50-B1000S

ブラウン「シリーズ5」50-B1000S

肌の凹凸に密着してアゴの下などの剃り残しを減らす「3連密着ブレード」と、肌にやさしい深剃りをおこなう「ディープキャッチ網刃」で美しく剃り上げる電気シェーバーです。100%防水設計のためお風呂場での使用はもちろん、ジェルやシェービングフォームも使えます。

網刃を外すことなくひげくずを洗い流せる「クイック洗浄システム」を搭載しているため、使用後のお手入れも簡単。満充電で約50分連続使用できる点も魅力です。

スマートグラス apple

 

 

アップルが、いずれ拡張現実(AR)メガネを発売することは必然とされている。このARメガネの噂について、このほどYouTubeチャンネル「Front Page Tech」を運営するユーチューバーのジョン・プロッサーが詳細を伝えて話題になった。

プロッサーはリーク情報を扱うようになってから日が浅い人物だが、彼がこれまでに明らかにしてきた情報についてアップル製品の情報サイト「AppleInsider」がわかりやすくまとめている。プロッサーはアップル製ARメガネのプロトタイプ(試作品)の映像を見たと主張しており、アップルの次なる大型プロジェクトの詳細を驚くほど長いリストで示していた。

発売は2021年末から22年?

まずは製品の名称だ。アップルのARメガネは、グーグルの「Google Glass」と同じように「Apple Glass」という名になると、プロッサーは言う。Apple Glassは普通の眼鏡のような外観で、価格は499ドル程度になるとされている。

またプロッサーによると、Apple Glassは2020年第4四半期もしくは2021年第1四半期に、発表会の目玉として最後を飾る“One More Thing”として発表される予定だったという。どうやらアップルは、もともとこのスマートグラスを「iPhone 12」と一緒に発表する計画だったようだ。

ところが、アップルはApple Glassを発表する場に「メディアの参加を希望している」といい、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がすべて終息し、報道陣が会見に直接参加できるまで発表を延期する考えだという。このため実際の発売時期は、約1年後の「2021年第4四半期から2022年第1四半期」になりそうだ。

情報表示やジェスチャー操作にも対応?

プロッサーはApple Glassのプロトタイプの映像を見たとも主張しており、仕様が変更される可能性があるとした上で詳細の一部を伝えている。まず、すべてのデータはiPhone上で処理されるといい、同じような仕組みとして初代「Apple Watch」を挙げている。おそらくApple Glassは常にiPhoneとペアリングしておく必要があり、少なくともインターネットへの接続機能はないということだろう。

本体のフレームはプラスティック製で、同梱のスタンドではワイヤレス充電が可能だったという。プロッサーによると、プライヴァシー上の懸念からカメラは搭載されていなかった。また、右側のテンプル(つる)にはレーザー光を用いたセンサー「LiDAR(ライダー)」が内蔵される。アップルが「iPad Pro」の20年モデルにも搭載した技術で、その小型化を象徴するものになりそうだ。

iPad Proではカメラ部にLiDARが搭載されており、それがARツール「ARKit」によるトラッキング精度の向上につながっている。アップルの現在のAR用システムは、開発者がスムーズにARメガネ用アプリに移行できるように設計されているという憶測はこれまでも頻繁に語られてきたが、LiDARのARメガネへの搭載はこの説とも一致する。

プロトタイプでは左右のレンズに情報が表示され、ユーザーインターフェース(UI)は「StarBoard」と呼ばれているという。iOSでホーム画面や通知などを管理するソフト「SpringBoard」と、うまく対になった名称といえるだろう。

また、プロトタイプはデヴァイス上やデヴァイスの正面でのジェスチャー操作に対応していたといい、アップル独自のQRコードをスキャンできたという。通常のカメラは搭載されていないことから、こうしたQRコードは特別に設計する必要があったと考えていい。いまのところ、サングラスのオプションはないようだ。

アップルのARメガネについては、これまでに何年も噂になっていた。発売時期を「今年」「来年」や「再来年」と報じた記事を探せば、すぐにいくつも見つかることだろう。

例えば、ブルームバーグの17年の記事では、ARメガネは20年には準備が整うだろうとされていた。昨年の報道では発売が23年まで延期される見通しだとされたが、記事で書かれていた詳細はデザインが「流線形」で、単独で動作する「スタンドアローン型」のヘッドセットだった。

今回の噂では、発売時期はこれらの記事の中間に当たる21年末から22年初頭としている。だが、本体はスタンドアローン型ではなく、iPhoneとの連携が前提とされる。つまり、常にiPhoneを持ち歩いていなければならない。

カメラを搭載しないという賢明な判断

「Apple Glass」という名称とプロダクトデザイン全般は、Google Glassと比較されることになるだろう。Google Glassはグーグルが13年に発売し、失敗に終わったヘッドアップディスプレイ方式のスマートグラスだ。

アップルはグーグルの“過ち”の多くを繰り返したくはないようで、両者には重要な違いがいくつかある。まず、Google Glassは宇宙人が身に着ける装置のようだったが、アップルの製品は通常の眼鏡に近いデザインだ。これは大きな改善だろう。

また、Google Glassでは大きなガラスのブロックが顔の前に来るので、着用者にとっても、話しかける側にとっても気が散るものだった。また、ガラスのブロックが1個だけで情報が片目にしか映らなかったのに対し、Apple Glassでは左右のレンズに情報が表示されるという。

次に、Apple Glassにカメラを搭載しないという判断は賢明と言える。Google Glassを巡る話題のほぼすべてが顔に装着されるカメラと、一般の人が盗撮されていないかどうかに終始していたからだ。

メインコンテンツへスキップツールバーへスキップ
WordPress について
cyber -price.com 最新のゲーム 健康 カメラ 家電 
191件の WordPress 更新, 12件のプラグイン更新, 6件のテーマ更新
55件のコメントが承認待ちです
新規
投稿を表示
SEO
こんにちは、gomabon さん
ログアウト
表示オプションヘルプWordPress 5.7.1 が利用可能です ! 今すぐ更新してください。
投稿を編集 新規追加
投稿を公開しました。 投稿を表示

この通知を非表示にする。
記事タイトルを入力して下さい。タイトルには対策したいキーワードを入れましょう。 Xeoryテーマの投稿方法

タイトルを追加
スマートグラス
文字 ※全角32文字以内推奨

パーマリンク: http://cyber-price.com/cyber/スマートグラス/ ‎編集
※記事のパーマリンク(URL)を設定します。分かりやすく簡潔なURLを設定しましょう。

以下に本文を入力していきましょう。ユーザーに大きな価値を与える良質なコンテンツを作りましょう。コンテンツが良質でさえあれば、自然にSEOもソーシャルメディアも攻略することができます。また見出しの使い方や画像のALTタグの設定方法によってSEOの効果は変わってきます。『コンテンツSEOの効果と7つの手順』と『WordPressの投稿方法』を参考にして下さい。
メディアを追加商品リンク追加ビジュアルテキスト

 

 

アップルが、いずれ拡張現実(AR)メガネを発売することは必然とされている。このARメガネの噂について、このほどYouTubeチャンネル「Front Page Tech」を運営するユーチューバーのジョン・プロッサーが詳細を伝えて話題になった。

プロッサーはリーク情報を扱うようになってから日が浅い人物だが、彼がこれまでに明らかにしてきた情報についてアップル製品の情報サイト「AppleInsider」がわかりやすくまとめている。プロッサーはアップル製ARメガネのプロトタイプ(試作品)の映像を見たと主張しており、アップルの次なる大型プロジェクトの詳細を驚くほど長いリストで示していた。

発売は2021年末から22年?

まずは製品の名称だ。アップルのARメガネは、グーグルの「Google Glass」と同じように「Apple Glass」という名になると、プロッサーは言う。Apple Glassは普通の眼鏡のような外観で、価格は499ドル程度になるとされている。

またプロッサーによると、Apple Glassは2020年第4四半期もしくは2021年第1四半期に、発表会の目玉として最後を飾る“One More Thing”として発表される予定だったという。どうやらアップルは、もともとこのスマートグラスを「iPhone 12」と一緒に発表する計画だったようだ。

ところが、アップルはApple Glassを発表する場に「メディアの参加を希望している」といい、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がすべて終息し、報道陣が会見に直接参加できるまで発表を延期する考えだという。このため実際の発売時期は、約1年後の「2021年第4四半期から2022年第1四半期」になりそうだ。

情報表示やジェスチャー操作にも対応?

プロッサーはApple Glassのプロトタイプの映像を見たとも主張しており、仕様が変更される可能性があるとした上で詳細の一部を伝えている。まず、すべてのデータはiPhone上で処理されるといい、同じような仕組みとして初代「Apple Watch」を挙げている。おそらくApple Glassは常にiPhoneとペアリングしておく必要があり、少なくともインターネットへの接続機能はないということだろう。

本体のフレームはプラスティック製で、同梱のスタンドではワイヤレス充電が可能だったという。プロッサーによると、プライヴァシー上の懸念からカメラは搭載されていなかった。また、右側のテンプル(つる)にはレーザー光を用いたセンサー「LiDAR(ライダー)」が内蔵される。アップルが「iPad Pro」の20年モデルにも搭載した技術で、その小型化を象徴するものになりそうだ。

iPad Proではカメラ部にLiDARが搭載されており、それがARツール「ARKit」によるトラッキング精度の向上につながっている。アップルの現在のAR用システムは、開発者がスムーズにARメガネ用アプリに移行できるように設計されているという憶測はこれまでも頻繁に語られてきたが、LiDARのARメガネへの搭載はこの説とも一致する。

プロトタイプでは左右のレンズに情報が表示され、ユーザーインターフェース(UI)は「StarBoard」と呼ばれているという。iOSでホーム画面や通知などを管理するソフト「SpringBoard」と、うまく対になった名称といえるだろう。

また、プロトタイプはデヴァイス上やデヴァイスの正面でのジェスチャー操作に対応していたといい、アップル独自のQRコードをスキャンできたという。通常のカメラは搭載されていないことから、こうしたQRコードは特別に設計する必要があったと考えていい。いまのところ、サングラスのオプションはないようだ。

アップルのARメガネについては、これまでに何年も噂になっていた。発売時期を「今年」「来年」や「再来年」と報じた記事を探せば、すぐにいくつも見つかることだろう。

例えば、ブルームバーグの17年の記事では、ARメガネは20年には準備が整うだろうとされていた。昨年の報道では発売が23年まで延期される見通しだとされたが、記事で書かれていた詳細はデザインが「流線形」で、単独で動作する「スタンドアローン型」のヘッドセットだった。

今回の噂では、発売時期はこれらの記事の中間に当たる21年末から22年初頭としている。だが、本体はスタンドアローン型ではなく、iPhoneとの連携が前提とされる。つまり、常にiPhoneを持ち歩いていなければならない。

カメラを搭載しないという賢明な判断

「Apple Glass」という名称とプロダクトデザイン全般は、Google Glassと比較されることになるだろう。Google Glassはグーグルが13年に発売し、失敗に終わったヘッドアップディスプレイ方式のスマートグラスだ。

アップルはグーグルの“過ち”の多くを繰り返したくはないようで、両者には重要な違いがいくつかある。まず、Google Glassは宇宙人が身に着ける装置のようだったが、アップルの製品は通常の眼鏡に近いデザインだ。これは大きな改善だろう。

イヤホン イヤホンの選び方とおすすめ

イヤホンのイメージ

イヤホンは、その時代のトレンドに合わせたさまざまなモデルが誕生するオーディオ機器です。イヤホンの選び方は、コスパ重視、高音質・高機能、スポーツ、iPhoneやAndroidなどのスマホ用など目的によって異なります。そこで、今回はイヤホンの種類や選び方をご紹介。おすすめのモデルも紹介します。

イヤホンの種類① 接続方法

Bluetooth(ワイヤレス)

イヤホンの種類① 接続方法 Bluetooth(ワイヤレス)

ワイヤレスイヤホンは、接続にBluetoothを用います。ケーブルが不要なので、取り回しやすいのがメリットです。ただし、充電を必要とし、連続再生時間や充電に要する時間はモデルによってさまざま。また、周囲の環境によっては遅延や音飛びが発生する場合もあります。

なお、選ぶ際には、Bluetoothの「コーデック」を確認しておきましょう。遅延と音質に関わる重要なポイントです。主にAppleの製品で採用されている「AAC」や、Android端末で採用されている「apt-X」などがあります。イヤホンとデバイスの両方が同じコーデックに対応していれば、より低遅延・高音質で快適に音楽が楽しむことが可能です。

左右独立型(完全ワイヤレス)

イヤホンの種類① 接続方法 Bluetooth 左右独立型(完全ワイヤレス)

左右独立型のイヤホンは「完全ワイヤレスイヤホン」や「フルワイヤレスイヤホン」とも呼ばれ、ケーブルが全くないのが特徴です。オーディオメーカーはもちろん、さまざまなメーカーから数多くの製品が発売されています。

軽量かつコンパクトなモデルが多いので、移動中やスポーツ中の使用にも最適。ケーブルの断線を気にする必要がないのも魅力です。また、イヤホン本体はケースに入れることで充電が可能。使用しないときは、ポケットやカバンに入れてそのまま持ち運べます。

左右一体型(ネックバンド)

イヤホンの種類① 接続方法 Bluetooth 左右一体型(ネックバンド)

左右のイヤホンがケーブルで繋がっているタイプで、口元にはリモコンやマイクが搭載されています。使用しないときはそのまま首に掛けておけるので便利。

また、首の部分に形状記憶素材などを使用した「ネックバンド型」もあります。しっかりと首にフィットし、より安定した装着感が得られるのがメリット。ネックバンド部分に大きめのバッテリーを内蔵できるので、通常の左右一体型よりも駆動時間が長い傾向にあります。

有線

イヤホンの種類① 接続方法 有線

デバイスに直接ケーブルを差し込んで使用する有線イヤホン。接続端子は、「φ3.5mm ミニプラグ」が主流で、なかには「ライトニング端子」や「USB Type-C端子」を備えた製品もあります。ケーブルの扱いに気をつけなければなりませんが、遅延や音飛びがないのがメリット。

さらに、高音質再生に対応した製品も豊富です。また、リケーブルが可能なモデルも発売されており、ケーブルを付け替えることで音の変化を楽しむことが可能。音質重視の方にもおすすめのタイプです。

イヤホンの種類② 装着方法

遮音性の高い“カナル型”

イヤホンの種類② 装着方法 遮音性の高いカナル型

カナル型のイヤホンは耳栓のように耳の奥まで差し込むので、音の厚みを感じられ、細かな音までしっかりと聴き取りやすいのが特徴です。加えて、密閉性が高く、音漏れしにくいのもメリット。

また、製品によって音の傾向は異なりますが、低音域の表現能力に優れているので、迫力のある重低音を楽しみたい方にもおすすめです。さらに、ノズル部分に装着する「イヤーピース」にはさまざまな種類があり、付け替えることでフィット感を調節できます。

 

開放感がある“インナーイヤー型”

イヤホンの種類② 装着方法 開放感がある“インナーイヤー型”

インナーイヤー型は、耳の入り口部分にはめて装着するタイプのイヤホン。主に高音域の再生が得意です。カナル型とは違い、耳への圧迫を感じにくく、周囲の音を取り込みやすいのが特徴。屋外などでも安全面に配慮しながら使用できます。

開放感があり耳が疲れにくいため、長時間連続して使う機会が多い方におすすめ。なお、音漏れがしやすいので、電車やバスなど公共の場などで使用する場合には音量に注意が必要です。

安定感のある“耳かけ型”

イヤホンの種類② 装着方法 安定感のある“耳かけ型”

耳かけ型は、耳の付け根部分にイヤーフックをかけて装着します。装着中の安定感が高いので、ウォーキングやランニングなどのスポーツをしながら使用したい方に最適です。

有線イヤホンや左右一体型のワイヤレスイヤホンのモデルが主流ですが、最近では左右独立型のモデルもラインナップしています。動きの激しいトレーニングでも安心して使いやすいタイプです。

イヤホンの選び方

高音質を求めるなら“ハイレゾ対応”

イヤホンの選び方 高音質を求めるならハイレゾ対応

より高音質を求めるなら、ハイレゾ音源の再生に対応したイヤホンがおすすめ。ハイレゾは「High Resolution(ハイレゾリューション)」の略で、「高い解像度」という意味です。40kHz以上の高音域再生が可能で、CDには収録できない細かな音まで楽しめます。

ただし、イヤホンだけでなく、プレーヤーや音源もハイレゾに対応している必要があるので、購入前に確認しておきましょう。

ハンズフリー通話を楽しみたいなら“マイク付き”

イヤホンの選び方 ハンズフリー通話を楽しみたいなら“マイク付き”

マイク付きのイヤホンであれば、ハンズフリー通話が楽しめます。両手が空くので、仕事や作業をしながら電話ができて便利です。また、マイク付きのイヤホンにはリモコンが備わっているモデルが多く、ポケットやカバンからスマホを取り出すことなく、受話や終話などの操作が行えます。

マイク付きの有線イヤホンは、ケーブルにマイクとリモコンが搭載されているのが一般的。一方、完全独立型は、本体内にマイクを内蔵した製品がほとんどで、ハウジング部分にタッチ式や物理式のリモコンが搭載されています。

スポーツ中に使うなら“防水仕様”

イヤホンの選び方 スポーツ中に使うなら“防水仕様”

防水機能が備わったモデルなら水や汗の侵入を防げるので、外出先やスポーツでの使用に最適。また、スポーツモデルには、「スタビライザー」が付属する製品もあります。より耳から外れにくくなるので、ランニングなどのワークアウトをしながら使用したい方におすすめです。

防水と防塵性能を示す等級として主に用いられるのが「IPコード」。「IP68」や「IPX4」のように表記され、1桁目の数字が防塵性能、2桁目が防水性能を表しています。どちらかの性能が備わっていない場合は「X」と記載。防水性能に関しては0~8までの等級があり、数字が大きくなるほど高性能になります。

音に没頭したいなら“ノイズキャンセリング機能”

イヤホンの選び方 音に没頭したいなら“ノイズキャンセリング機能”

マイクで取り込んだ周囲の音に逆位相の音をぶつけることで、聴こえてくる騒音を低減できる「ノイズキャンセリング機能」。電車や飛行機などの周りの騒音が気になる場所での使用に最適です。性能はメーカーやモデルによってさまざまで、搭載されていない製品よりも高価になる傾向があります。

その分、耳栓の代わりになったり、より音楽に没頭したりできるのが魅力。また、イヤホンを装着したままでもボタンひとつで周囲の音を取り込める「外音取り込み機能」に対応した便利な製品も発売されています。

イヤホンのおすすめ|左右独立型(完全ワイヤレス)

ソニー WF-1000XM3

ソニー WF-1000XM3

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を備えた高性能な製品です。ソニー独自の高音質技術「DSEE HX」に対応しているので、CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングして再生することが可能。

また、新型のBluetoothチップを搭載し、左右同時にBluetooth信号の伝送が可能なため、優れた接続安定性も有しています。本体には音量調節や曲送りなどの操作が行えるタッチセンサーを搭載。タップするだけで素早く周囲の音を取り込める「クイックアテンションモード」にも対応しています。

 

 

apple  Apple Watch、早ければ2022年に血糖値やアルコール濃度測定機能が搭載か

近い将来Apple Watchに非侵襲性(注射針で採血する必要がない)の血糖値測定機能が搭載されるとたびたび噂されてきましたが、早ければ2022年に採用される可能性が急浮上しています。

イギリスのスタートアップRockley Photonics社はニューヨークでの株式公開に向けて、アップルとの取引関係を明らかにしたとのことです。同社はスマートウォッチの背面に搭載されたモジュールから皮膚を通して赤外線を照射することで、通常は医療機器でしか検出できない複数の血液信号(血圧や血糖値、血中アルコール濃度など)を読み取れる超高度のセンサーを開発。その次世代センサーが来年(2022年)にはガジェットに搭載される可能性があると届け出ています。

さらに提出書類によると、過去2年間のRockley社の収益の大半をアップル社が占めている上に継続的な「供給・開発契約」が結ばれており、今後も収入の大半を頼ることになると予想されています。それに加えて同社の収入の大部分は、将来の製品に関する作業のために支払われるエンジニアリング料とのことです。

Rockley社のCEOは、来年には自社の技術がコンシューマー製品に搭載されると予想していると述べつつも、アップル製品であるかどうかは言及を避けています。アップルがサプライヤーとの取引関係で情報開示を最小限にとどめるような厳しい契約を結ぶのは通例のことです。

かつてアップルのティム・クックCEOは「血糖値モニターを装着していた」と発言したほか、アップルも電磁波センサーを用いるなど非侵襲性の血糖値測定に関する数々の特許を出願しています

 

また2021年のApple Watch Series 7についても、血糖値測定モニターの搭載は噂されていました。競合するサムスンのGalaxy Watch 4(仮)にも同様の予測はありますが、健康に関することだけに、アップルも慎重とならざるを得ないはず。忘れ物トラッカーとしてAirTagが数年前から噂されながらもGalaxy SmartTagが先に発売されたように、2021年での実装は見送られ、2022年のApple Watch Series 8(仮)以降になるのかもしれません。

Source:The Telegraph

via:AppleInsider

 

 

 

スマートウォッチ  スマートウォッチのおすすめ

スマートウォッチとは

スマートウォッチとは

スマートウォッチとは、CPUが内蔵された腕時計のようなデザインの電子機器です。画面をタッチして操作することができるタッチパネル搭載のものや、アナログの文字盤の時計にメールや着信の通知、健康管理機能などを追加したものなど、多様なモデルがあります。

スマートウォッチの機種によっては電子マネーのチップを内蔵しており、交通機関や店舗での商品代金の支払いが可能です。また、スマートフォンのように、アプリを追加することで機能を追加することもできます。

スマートウォッチでできること

手首をかざして決済できる「電子マネー」

スマートウォッチでできること 手首をかざして決済できる「電子マネー」

電子マネー機能を搭載したスマートウォッチは、読み取り機にスマートウォッチをかざすだけで支払いが可能です。サイフからカードや硬貨を出さずに支払いができるので、スムーズに会計ができます。

また、スマートウォッチの決済機能によって使用できる決済方法が異なるので、端末はもちろん、利用するお店がどの決済方法に対応しているかチェックしましょう。

スポーツや毎日の健康管理に「心拍計」

スマートウォッチでできること スポーツや毎日の健康管理に「心拍計」

スポーツの最中や普段の活動中の心拍数を計測したい方は、センサー内蔵のスマートウォッチがおすすめです。活動量計アプリの設定に入力した情報をもとに消費カロリーを計算して記録し、スマートフォンにデータを転送可能。

毎日スマートウォッチをつけているだけで、健康維持に必要なデータを自動で収集することができます。

アプリの追加や画面表示のカスタマイズが可能

スマートフォンと同様に、スマートウォッチにもさまざまなアプリをインストールできます。文字盤をカスタマイズできるモデルもあり、アナログ時計のようなデザインや、健康管理のデータやスケジュールをケースに配置することが可能。

また、SONYのwenaのように、バンド部分にスマートウォッチとしての機能がついているタイプもあります。ラグの種類が合えば一般的な時計をセットできるので、古くから使っている思い入れのある時計をそのまま使いつつ、スマートウォッチ機能を楽しむことが可能です。

スマートウォッチの選び方

使っているスマートフォンと合わせたモデ

 

 

イヤホン  完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ高コスパ・高音質・人気のモデルを紹介

完全ワイヤレスイヤホンのイメージ

完全ワイヤレスイヤホンとは

完全ワイヤレスイヤホンとは

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右をつなぐケーブルがなく、それぞれが独立しているタイプのイヤホンです。ケーブルがないため、バッグやマフラーなどにコードが引っかかって耳から外れる心配がありません。

一般的にスマホやオーディオ機器と接続するときは、無線通信の「Bluetooth」を使用。一方で、左右がケーブルでつながっているタイプは「Bluetoothイヤホン」や「左右一体型タイプ」などと呼ばれています。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

装着感で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンの選び方 装着感で選ぶ

一般的な有線イヤホンなどと同様に、完全ワイヤレスイヤホンも形状はさまざまです。音質や機能に加え、着け心地がいいモノを選ぶのも重要なポイント。落下のリスクを軽減し、より安定した装着感を求めるのであれば、イヤーフックを搭載したモデルがおすすめです。

カナル型であれば、イヤーピースのサイズを変更することで装着感や密閉度の高さを調節できます。付属のイヤーピースが合わなければ、単体販売されているモノと組み合わせるのも選択肢のひとつです。

バッテリー持ちをチェック

完全ワイヤレスイヤホンの選び方 バッテリー持ちをチェック

完全ワイヤレスイヤホンはBluetoothで接続するため、イヤホン本体にバッテリーが搭載されています。フル充電の状態から連続して使用できる再生可能時間は、モデルによってさまざまです。

飛行機や新幹線など長距離の移動中に使用する方は、十数時間連続して使用できるモノがおすすめ。また、保管ケース自体が充電器の役割を果たしており、収納すると充電されるのが一般的です。

“音質”と“遅延の有無”をチェック

完全ワイヤレスイヤホンの選び方 音質と遅延の有無をチェック

 

 

Bluetoothで音声データを送信する際に用いる音声圧縮方式を「コーデック」を呼びます。コーデックは音質と遅延に関わる重要な要素で、基本となる「SBC」や、おもにiPhoneで採用されている「AAC」、androidデバイスで採用されている「aptX(アプトエックス)」などがあります。

そのほか、ハイレゾ相当の高音質再生が可能な「LDAC」など、コーデックにはいくつか種類があり、特に動画やゲームで使用する方は低遅延コーデック「aptX LL」に対応したモデルがおすすめです。ただし、音楽を聴くだけであれば、遅延はそこまで気にする必要はありません。

また、電磁波でワイヤレス通信を行い、より優れた接続安定性を実現する「NFMI」に対応したモデルなどもあります。

複数のデバイスには“マルチペアリング”が便利

完全ワイヤレスイヤホンの選び方 複数のデバイスにはマルチペアリングが便利

複数のデバイスで使用したい方には「マルチペアリング」機能が便利です。複数のデバイスとペアリングしておける機能で、1度ペアリングしたデバイスとは次回以降すぐに接続できます。

接続先を素早く切り替えられるので、スマホで音楽を聴いた後に、ノートパソコンでビデオ通話をするなどの一連の動作を同じイヤホンでできるのがメリット。デバイス数は、製品やモデルによって異なるので、購入前に確認しておきましょう。

なかには同時に、複数のデバイスと接続しておける「マルチポイント」に対応したモデルなどもあります。

機能で選ぶ

ノイズキャンセリング

完全ワイヤレスイヤホンの選び方 機能で選ぶ ノイズキャンセリング

「ノイズキャンセリング機能」は周りの騒音を低減するため、イヤホンからの音に集中することができます。特に、電車や飛行機での乗り物音や、店内での周囲の音が気になる方におすすめ。

加えて、音量が小さめでも聴こえやすいので、音漏れの心配が少ないのも魅力です。

外音取り込み

完全ワイヤレスイヤホンの選び方 機能で選ぶ 外音取り込み

「外音取り込み機能」は、イヤホンを装着したまま周囲の音を取り込める機能です。イヤホンを外さずに、電車のアナウンスを聴き取りたいときや、一時的な会話をしたいときなどに役立ちます。

基本的に機能のオン、オフは本体のボタンから素早く切り替え可能。また、メーカーによって「アンビエントモード」「トークスルー」「ヒアスルー」など、呼び方が異なることも覚えておきましょう。

防水

完全ワイヤレスイヤホンの選び方 機能で選ぶ 防水

防水性能が備わったモデルであれば、ランニングしているときやシャワーを浴びているときにも音楽を楽しむことが可能です。国際規格の「IP」からはじまるアルファベットと数字の組み合わせで表記されており、末尾の0から8の数字が大きいほど防水性が高くなります。

例えばIPX4であれば、水しぶきやスポーツの汗程度なら問題ありません。また、プールなど水中で使用する場合は、水没試験をクリアしているIPX8がおすすめです。

 

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

SONY(ソニー)

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー SONY(ソニー)

ソニーは、オーディオ機器に加え、カメラやテレビ、家庭用ゲーム機など、おもに映像や音楽に関わる幅広い分野で活躍しているメーカー。高音質にこだわった製品が多く、ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質再生が可能な「LDACコーデック」の開発や、高級音楽プレーヤーの販売なども行っています。

完全ワイヤレスイヤホンは、ノイズキャンセリング対応モデルやスポーツ向けモデルなど豊富なラインナップが揃っているのが特徴。自分に合った最適なモデルを見つけられます。

BOSE(ボーズ)

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー BOSE(ボーズ)

BOSEは、1965年に創業したアメリカの音響機器メーカーです。世界で初めてノイズキャンセリングヘッドホンを一般向けに発売したことでも有名。

BOSEのイヤホンは、装着感と遮音性の高さに優れており、重低音の効いたサウンドが特徴です。完全ワイヤレスイヤホンに関しては、高性能なノイズキャンセリング機能などを搭載した多機能なモデルが揃っています。

audio-technica(オーディオテクニカ)

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー audio-technica(オーディオテクニカ)

オーディオテクニカは日本の大手音響機器メーカーです。プロ向けの製品からリーズナブルな製品まで幅広く取り扱っており、製品数の多さと価格幅の広さが特徴。

さまざまなデザインの完全ワイヤレスイヤホンをラインナップしており、価格は比較的抑えめです。スポーツ向けのモデルや女性向けのかわいいカラー展開が揃うモデルも取り扱っています。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|高コスパモデル

AVIOT TE-D01gv

AVIOT TE-D01gv

最大約11時間の連続再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。防水性能はIPX7で、つけたままシャワーを浴びることも可能。また、耳元のボタンで簡単に音量調節や再生停止ができます。

高感度なマイクが付いているので、快適に通話ができるのも魅力のひとつ。初めて完全ワイヤレスイヤホンを使う方におすすめの1台です。

GLIDIC「Sound Air TW-5000s」SBWS55MRTW

GLIDIC「Sound Air TW-5000s」SBWS55MRTW

片手にすっぽりと収まるコンパクトな完全ワイヤレスイヤホン。周囲の音が聴こえる「Multi-communication Mode」が搭載されているので、音楽を聴きながら会話ができます。

作業中にイヤホンを使いながらも、声をかけられたときにすぐ気がつけるようにしたい方におすすめ。車の音や電車内のアナウンスも取り込める便利な機能です。また、バッテリーは最大10時間再生が可能。ケースに収納していれば最大60日ほど持続します。

JBL TUNE120TWS

JBL TUNE120TWS

急速充電に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。約15分間の充電で1時間ほど再生ができるので、充電を忘れたときや急いでいるときにも役立ちます。

また、左右に装備されたボタンは直感的に操作ができ、ワンタッチでハンズフリー通話が可能。手に取りやすい価格ながら、迫力ある「JBL Pure Bass」サウンドを楽しめるのが魅力の1台です。

JVC HA-A10T

JVC HA-A10T

カジュアルでかわいらしいカラーが揃う完全ワイヤレスイヤホンです。シンプルなデザインで、耳にフィットしやすい小型のボディを採用。女性の方にもおすすめです。高磁力ネオジウムマグネット採用のダイナミック型ドライバーを搭載しているので、パワフルかつクリアなサウンドを実現。

本体のみで約4時間、ケースを合わせると最大約14時間の使用が可能です。IPX5相当の防水性能を有しているため、汗や雨を気にせず使用できます。

M-SOUNDS MS-TW21BS

M-SOUNDS MS-TW21BS

ランニングやスポーツにも使いやすい完全ワイヤレスイヤホン。片耳わずか4gで耳への負担が少なく、快適な装着感がポイントです。また、「クイック充電」は、15分ほどの充電で約2時間再生が可能。付属のケースに収納することで、最大およそ47.5時間の音楽視聴が楽しめます。

イヤーピースは、音が籠りにくい「ハーフタイプ」と、フィット感の良い「ドームタイプ」が付属。Ag+抗菌剤配合で、清潔さを保ちたい方にもおすすめです。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ|高音質モデル

SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3

ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。乗り物音や人の声など広い範囲の騒音を大きく遮断します。また、「アンビエントサウンドモード」は周囲の音を取り込めるため、音楽を楽しみながら会話することも可能です。

さらに、圧縮された音源をアップスケーリングする「DSEE HX」で、通常のCD音源もハイレゾに相当する心地よい音質で楽しむことができます。

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless2」M3IETW2-BLACK

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless2」M3IETW2-BLACK

長年にわたり、完璧な音を追求し続けるゼンハイザーのこだわりが反映されたイヤホン。重厚な低音、ナチュラルな中音域、繊細でのびやかな高音をバランスよく組み合わせて、美しいハーモニーを奏でます。

音質はイコライザーで調整が可能。音楽に没頭するための「ノイズキャンセリング」と、装着したままの会話に便利な「外音取り込み機能」を備えています。バッテリーは本体が最大7時間、ケースでは最大21時間使用可能。IPX4の防滴仕様なので、急な雨でも安心です。

Noble Audio「FALCON2(ファルコン2)」NOB-FALCON2

Noble Audio「FALCON2(ファルコン2)」NOB-FALCON2

ドライバーの素材に樹脂とカーボンを重ねた2層構造の「Dual-layered Carbon Driver」を採用している完全ワイヤレスイヤホン。音のひずみを低減し、高音質のサウンドを実現します。

耳と接触するシェルの形状は、長時間のリスニングを快適にする人間工学に基づいたデザインです。防水性能は、水没しても故障しにくいIPX7に対応。急な雨や夏場の汗など、天候や場所を気にせず音楽を楽しめます。

イヤホン 耳かけ スポーツ ランニング それ  いい

イヤホンを買いました。

 

耳から落ちなく、嬉しい、

 

 

 

 

http://line.naver.jp/ti/p/s-BVfG1DZu

 

【2021進化版 Bluetooth イヤホン】完全 ワイヤレス イヤホン bluetooth 耳かけ スポーツ ランニング 高音質コーデックAAC対応 ブルートゥース イヤホン 高音質 Hi-Fi重低音 フィット感抜群 IPX7防水 最新Bluetooth 5.0+EDR搭載 左右独立通信 

 

 

 

【2021進化版 Bluetooth イヤホン】完全 ワイヤレス イヤホン bluetooth 耳かけ スポーツ ランニング 高音質コーデックAAC対応 ブルートゥース イヤホン 高音質 Hi-Fi重低音 フィット感抜群 IPX7防水 最新Bluetooth 5.0 EDR搭載 左右独立通信 左右分離型 30時間連続再生 自動ペアリング 自動オン・オフ 音量調整 マイク内蔵 通話可能 ノイズキャンセリング ランニング 運動に最適 [日本語説明書 技適認証取得 メーカー1年保証]

新品価格
¥2,980から
(2021/4/29 19:41時点)

amazon  新Fire HD 10登場。キーボードとOffice付きで2.5万円

Fire HD 10

Amazonは、10.1型のタブレット「Fire HD 10」の新世代モデルを4月27日より予約受付開始した。価格は32GBモデルが15,980円、64GBモデルが19,980円で、5月26日より出荷開始予定。カバー付きキーボードとMicrosoft 365 Personal(1年分)が付属する「エッセンシャルセット」も発売し、価格は24,980円から。カラーはブラック、デニム、オリーブの3色。

また、メモリを4GBに強化し、ワイヤレス充電に対応する上位モデル「Fire HD 10 Plus」も発売。価格は18,980円(32GB)/22,980円(64GB)で、Office/キーボード付きのエッセンシャルセットも用意する。カラーはスレートのみ。

Fire HD 10 Plus

パフォーマンス向上と“2画面”対応

新Fire HD 10では、10%明るいディスプレイやリアカメラの高解像度化のほか、プロセッサやメモリ強化によるパフォーマンス改善を行なった。さらに、キーボードに対応し、仕事や学習などの用途でも使えるようになった。

ディスプレイは10.1型/1,920×1,200ドットのIPS液晶(精細度224ppi)で、Prime Videoなどの再生に対応。ディスプレイは従来機より10%明るくなったほか、強化アルミノシリケートガラスのスクリーンで耐久性も強化。本体は7%薄く、8%軽くなっている。

プロセッサーは、2.0GHzのオクタコアプロセッサと3GBメモリを搭載(Plusは4GB)。メモリは50%増量し、アプリの起動などの処理が高速化され、よりエンターテイメントやマルチタスクを快適に楽しめるようにした。

新たに2画面表示機能を搭載し、Facebook MessengerやPrime Videoなど、2画面表示対応アプリを同時に表示可能になった。Fire OSの最新バージョンで、複数のタスクを並行して実行可能とし、映画を見ながらSNS確認やメッセージを打ちながらZoom上でビデオ通話をしたり、Kindle本を読みながらOneNoteでメモを取る、といった事が可能。

ストレージは32GBと64GB。また、別売のmicroSDカードにより、最大1TBまで拡張可能。バッテリも長時間化し、最大12時間の連続動作に対応する。

キーボードとOffice 365が付属「エッセンシャルセット」

新Fire HD 10/Fire HD 10 Plusの大きな特徴といえるのが、Bluetoothキーボード対応とMicrosoft 365(Office、Outlook、OneNote、Powerpointなど)のアプリ対応。

キーボード付きカバー

Office 365 personalは別売だが、キーボード付きの「エッセンシャルセット」では、Fintie製のMade for Amazonキーボード付きカバーとMicrosoft 365 Personal 1年版をセットにしている。

Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 64GB

新品価格
¥19,980から
(2021/4/28 10:47時点)

Fire HD 10 キッズモデル ブルー (10インチ HD ディスプレイ) 32GB 数千点のキッズコンテンツが1年間使い放題

新品価格
¥19,980から
(2021/4/28 10:48時点)

apple Apple x Hermès の AirTag にクローズアップ

新たに「Apple」のプロダクトシリーズの仲間入りを果たした紛失防止トラッカー AirTag。早くもその利便性と圧倒的コスパからスマッシュヒットを予感させるが、本稿では盟友〈Hermès(エルメス)〉とタッグを組んだスペシャルバージョン AirTag Hermèsについてをご紹介。

2015年から続く両者の協業だが、今回はキーリング、バッグチャーム、ラゲッジタグの3型を用意。どれもフランスの職人による手作りとのことで、素材には伝統的なヴォー・バレニアとなめらかなヴォー・スウィフトの2種類のレザーを使用し、コントラストカラーのサドルステッチが目を引くプロダクトに。もちろんアイコンであるClou de Selleも刻印されている。

カラーは〈Hermès〉といえばのフー(オレンジ)、ブルーインディゴ、フォーヴの3色展開で、価格はキーリングが41,800円、バッグチャームが35,800円、ラゲッジタグが53,800円(全て税込)。「Apple」の公式オンラインストアでは本日4月23日(金)21:00より注文を受け付けるとのことなので、気になる方はこちらから。

Click here to view full gallery at HYPEBEAST.JP